外国人労働者の採用について

 外国人労働者を積極的に採用、または採用検討している企業が増えつつある現況において、企業側としては彼らを雇う場合のメリットだけでなく、デメリットについても押さえておくことが重要です。今回はその点について考えてみましょう。
 
【外国人労働者の採用のメリット】
・労働力の確保
 少子高齢化の影響による若い労働力の減少に伴い、特に近年の新卒採用の場では完全に売り手市場となっています。企業が抱える労働力不足の問題を、外国人労働者の採用により解決することができます。
・人件費の削減
 一般的に日本人労働者を雇用する場合と比較して人件費を抑えることが可能となります。ただし、最低賃金法などの法律の順守が原則となります。
・社内環境の改善・活性化
 外国人労働者は、家族のためにお金を稼ぎたい、日本の技術を取得したい等の理由から、向上心が高く意欲的な人材も多く、社内全体への刺激にもなり他の社員の就労意欲向上も期待できます。
・異なる視点からの発想
 日本とは異なる文化によって、日本人労働者とは全く違う発想やアイデアが生まれる可能性があります。日本人労働者についても、新しいアイデアを生み出すきっかけにも繋がります。
 
【外国人労働者の採用のデメリット】
・文化・風習・常識の違い
 異文化を背景とした場合には、前述のように良い刺激が生まれる場合もありますが、文化や風習の違いによる意見の衝突などの機会が増加するのも現状です。日本の常識が通じず、外国人の言動が理解できないケースも出てくる可能性があります。
・コミュニケーション不足
 言葉が異なる者同士が会話をする場合、会話がスムーズに出来ずに仕事を上手く行えないケースが生じます。相手の言葉を理解することや結論をはっきりと伝えるなどの対策を取ることが求められます。
・雇用手続きや法令知識が必要
 外国人労働者を雇う場合、日本人労働者を雇う場合とは雇用手続きの方法が異なり、必要書類の入手や在留資格等の確認が必要です。また、入国管理法など、外国人雇用に関する法律を理解することも求められます。
 
 外国人労働者の採用について、企業にとっては人件費削減だけではなく、多様性への対応による成長、発展、活性化に結びつく可能性もありますが、採用時の手間や採用後のフォローなども必要になってきます。また、外国人を雇用することで、現状の安定している社内環境を壊してしまう恐れもありますので採用については冷静な判断が求められます。
採用については、メリットだけでなくデメリットも十分に理解し、かつ御社の状況も考慮し総合的に判断することで、外国人労働力を最大限活用することに繋がっていくのではないでしょうか。
 

コンパッソ社会保険労務士法人 藤本豪

評価ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。
この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■在職中に受けられる雇用保険制度について

■大丈夫ですか?賠償責任保険

■従業員福利厚生の充実 ~マリンレジャー~

■成年後見制度の現在とこれから

■少子高齢化における介護離職の実態と要因