2019年10月より「地方税共通納税システム」開始

2019年10月より「地方税共通納税システム」による電子納税が可能に

「地方税共通納税システム」とは、
すべての都道府県・市区町村へ、自宅や職場のパソコンから電子納税ができる仕組みです。
今回は「地方税共通納税システム」についてご紹介いたします。

●「地方税共通納税システム」の特徴
・複数団体の地方税の一括納税が可能になる
・金融機関窓口等へ行く必要がなくなる
・電子申告と合わせて申告から納税まで一連の手順で行うことができる
・納付事務の負担が軽減される
・地方公共団体の指定金融機関以外の金融機関からも納付できる

●「地方税共通納税システム」により納税できる税金の種類
・法人都道府県民税
・法人事業税
・地方法人特別税
・法人市町村民税
・事業所税
・個人住民税(特別徴収分・退職所得分)
また、上記の税金であれば本税以外の延滞金や各種加算金、督促手数料の支払いも可能

●利用方法
①eLTAX(エルタックス)地方税ポータルサイトのホームページから利用届出(新規)を提出する
②eLTAX対応ソフトウェアを取得し、それを使って申告書を作成・送信する
➂納付する税金の種類や納付先などの情報を入力、又はCSVファイルの取り込みを行う
④インターネットバンキング又はダイレクト納付を選択する
⑤取引金融機関のネットバンキングや、事前に登録した口座から引き落とされる

●収納手段
2019年10月当初では以下のとおり
・情報リンク方式
地方税共通納税システムからインターネットバンキングまで、税額等の納付に関する情報を引き継ぎ、一連の操作で納付が可能な方式。

・ダイレクト方式
事前に登録した金融機関口座を指定して直接納付する方式。納税者は納付の操作にインターネットバンキングへのログインや暗証番号を必要としない。
※事前登録にはeLTAXの利用者IDが必要

・オンライン方式
納税者が金融機関のATMやインターネットバンキング、直接ペイジーのキー情報を入力して納付する方式。

金融機関窓口等に直接出向かなくても、電子納税ができるのは魅力的ですね。将来的には収納手段の拡充(クレジット収納・コンビニ収納・口座振替等)や対応税目の追加に向け、取り組んでいるとのことです。
ぜひ、地方税共通納税システムの活用をご検討ください。

参考:地方税共同機構の公式ホームページ https://www.lta.go.jp/
このホームページから「eLTAX(エルタックス)地方税ポータルシステム」のサイトに行けます。
コンパッソ税理士法人 星野 沙織


関連記事

■第三者割当で増資を行う場合の注意点

■「○○市は住民税が高い」って本当? その①

■キャッシュ・フロー計算書の重要性

■無担保・無保証人のマル経融資の活用

■外注費と給与の判断基準