非居住者の退職所得の選択課税について

 一昔前は国外に子会社の設立を行うのは大企業がほとんどでしたが、現在では中小企業でも多くの会社が国外に子会社の設立を行っています。国外に子会社が設立されると日本の親会社から役員・従業員が出向していき、出向者は数年で親会社 【続きを読む】

仕事が早い人と遅い人、いったい何が違う

今回は、働き方・仕事の仕方についてお伝え致します。 「週刊 ダイヤモンド」に特集されていたものを自分なりに考え、まとめてみました。   仕事が早い人がしていること (1)始業時からフル回転の仕事・・・朝の貴重な 【続きを読む】

効率よく仕事をするための方法

 仕事を効率よく進めていくためには、どのような工夫が必要でしょうか。その仕事について理解を深めることや、慣れていくということはもちろん大切です。しかし、それは一朝一夕で身につくことではありません。そこで誰でも、すぐに実践 【続きを読む】

収益の認識基準

 皆様の会社では、どのような収益の認識基準を採用していますか。 会社に入ってくるお金を売上として計上するタイミングとして、現金主義、発生主義、実現主義の3種類があります。日本の会計基準では、「費用」は「発生主義」、「収益 【続きを読む】

魅力的な会社づくり

昨今、会社の規模や業種・体系を問わず、人手不足に悩んでいる経営者の声をテレビ番組や雑誌などで取り上げられることが多いかと思います。この問題は、会社の経営を大きく揺るがす事態となっており、仕事の依頼があっても人手不足で請け 【続きを読む】

「農業経営基盤強化準備金制度」が延長されます

⒈ 農業経営基盤強化準備金制度とは  この制度は農業経営の基盤(農用地や農業機械等の取得)を強化することが目的です。青色申告をする認定農業者等の個人又は農地所有適格法人が、経営所得安定対策等の交付金を農業経営基盤強化準備 【続きを読む】

年金にかかる所得税

高齢者の暮らしを支える年金も、一定額以上受け取ると所得税がかかります。 日本年金機構から毎年届く「扶養親族等申告書」を提出すれば、天引きされる税額を圧縮できます。    「扶養親族等申告書」の対象となる年金受給 【続きを読む】

資産費用化のプロセスについて(製造業を例として)

 費用の認識について理解しましょう。  費用は財産の費消分と財貨の費消の予想分からなります。財貨の費消分は、財貨が消費されて初めて費用になり、発生主義により認識されます。これらはまず、いつ記録するかを判断し、さらに費用収 【続きを読む】