<コンパッソクイズ>配偶者控除・配偶者特別控除(3)

問 題

平成30年分以降の所得税から適用される「配偶者控除・配偶者特別控除」改正内容につ
いて、A~Cの中から、正しいものを選んでください。

「配偶者控除および配偶者特別控除」の適用額は、合計所得金額が【    】万円超
から【    】万円以下(給与収入1,120万円超から1,220万円以下)である場合、段階的に減額されます。

A:700、800   B:800、900   C:900、1,000

 

答 え

▼(クリックすると表示されます)

解 説

1.合計所得金額が、900万円超1,000万円以下(給与収入1,120万円超から1,220万円以下)の場合、段階的に減額されます。前回の解説で掲載済みの表ですが、改めてご確認ください。

2.個人住民税の見直しも行われました。
29年度の所得税における配偶者控除及び配偶者特別控除の改正に応じて、個人住民税(道府県民税及び市町村民税)における配偶者控除及び配偶者特別控除についても改正が行われ、平成30年分以降の所得税、31年分以後の個人住民税について適用されます。

(1)配偶者控除の見直し
  控除対象配偶者又は老人控除対象配偶者を有する所得割の納税義務者について適用する配偶者控除の額が納税者本人の所得により次のとおり逓減されます。
 なお、前年の合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超える所得割の納税義務者については、配偶者控除は適用できないこととされました。
(2)配偶者特別控除の見直し
  配偶者特別控除の対象となる配偶者の前年の合計所得金額を38万円超123万円以下(改正前38万円超76万円未満)に引き上げるとともに、納税者本人の所得要件について合計所得金額が900万円(給与収入1,220万円)超1,000万円(同1,220万円)以下である場合には、控除額が3段階で減少する仕組みが導入されます。

それぞれの控除額につきましては、下記をご覧ください
「平成29年度税制改正の大綱:財務省」
http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2017/29taikou_01.htm

ご不明な点がございましたら、お気軽にコンパッソ税理士法人までご相談下さい。

参考 国税庁HP