<コンパッソクイズ>配偶者控除・配偶者特別控除

問 題

今月は、「配偶者控除・配偶者特別控除」に関する税制改正のクイズです。

平成30年分以後の所得税から適用される配偶者控除・配偶者特別控除の改正内容について、
A~Cの中から、正しいものを選んでください。

配偶者控除の適用を受ける場合に、合計所得金額【    】万円以下
(給与収入は【    】万円以下)の所得制限が設けられます。

A:900、1,000   B:1,000、1,220  C:1,120、1,220

 

答 え

▼(クリックすると表示されます)

解 説

平成29年度の税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除について見直しが行われ、平成30年分以降の所得税から適用されます。
このうち今回は、配偶者控除についてご説明いたします。

改正の背景には、配偶者が就業時間を調整することによって、
納税者本人に配偶者控除が適用される103万円以内にパート収入を抑えるいわゆる「103万円の壁」の問題がありました。
今後最低賃金の引き上げ等により、就業調整がさらに強まることも懸念されていたことから、見直しが行われました。

これまで配偶者控除の適用に当たって、納税者本人の所得額は問題となりませんでした。
しかし、改正後では、控除対象配偶者または老人控除対象配偶者を有する納税者について、
納税者本人の合計所得金額が増えると控除額が少なくなり、1,000万円(給与収入1,220万円)を超える場合は、
配偶者控除の適用がなくなります。

また、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに伴い、平成30年分以降、次の様式が変更されました。
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書
給与所得者の保険料控除申告書
給与所得者の配偶者控除等申告書
給与所得・退職所得に対する源泉徴収簿

ご不明な点がございましたら、コンパッソ税理士法人にご相談ください。

参考 国税庁HP