<コンパッソクイズ>NISAニーサ(1)

問 題

NISA(非課税口座内の少額上場株式等にかかる配当所得および譲渡所得等の非課税措置)について、
A~Cの中から、正しいものを選んでください。

いわゆる通常のNISAは、証券会社などで、少額投資非課税口座を開設して上場株式
や株式投資信託等を購入した場合に、本来【     】%(復興特別所得税が含まれていま
す)で課税される配当金や売買益等が、非課税となります。

A:5.105   B:15.315   C:20.315

答 え

C

解 説

少額投資非課税口座(NISA口座)を開設し、その口座内において上場株式や株式投資信託等を購入すると、
本来20.315%課税される配当金や売買益等が、非課税となります。
購入できる金額は年間120万円までで、非課税期間は5年間です。
また、NISA口座で得た利益については、非課税となるため、確定申告の手続きが不要です。
なお、非課税期間5年間が終わると、NISA口座の上場株式や株式投資信託等は、
特定口座や一般口座などの課税口座に移り、その後の配当金や売買益等については課税されます。

 

<NISA(少額投資非課税制度)とは?>

NISA(ニーサ)は、平成26年1月から始まった少額投資非課税制度の愛称です。
証券会社や銀行、郵便局などの金融機関で、少額投資非課税口座(NISA)を開設して上場株式や株式投資信託等を購入すると、
本来20.315%課税される配当金や売買益等が、非課税となる制度です。

 

NISA(少額投資非課税制度)は、20歳以上(口座開設の年の1月1日現在)の
居住者等(居住者又は恒久的施設を有する非居住者)を対象として、
平成26年から平成35年までの間に、非課税口座で取得した上場株式等(投資額は年間120万円(平成26年分、
27年分は100万円)が上限)について、その配当等やその上場株式等を売却したことにより生じた譲渡益が、
非課税管理勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長5年間非課税(非課税期間)とされる制度です。

 

NISAはイギリスのISA(Individual Savings Account)をお手本に導入された制度です。
NISAのNは、NIPPON(日本)のNを意味しています。

非課税対象 非課税口座内の少額上場株式等の配当等、譲渡益
開設者(対象者) 口座開設の年の1月1日において20歳以上の居住者等
口座開設可能期間 平成26年1月1日から平成35年12月31日までの10年間
金融商品取引業者等の変更 一定の手続の下で、1非課税管理勘定(各年分)ごとに変更可
非課税投資額 1非課税管理勘定における投資額(a.新規投資額及び b.継続適用する上場株式等の移管された日における終値に相当する金額の合計額)は120万円を上限(未使用枠は翌年以後繰越不可)
非課税期間 最長5年間、途中売却可(ただし、売却部分の枠は再利用不可)
非課税投資総額 最大600万円(120万円(平成27年分以前は100万円)×5年間)

ご不明な点がございましたら、コンパッソ税理士法人にご相談ください。

参考 国税庁HP