<コンパッソクイズ> セルフメディケーション(1)

問 題

下記【 】に当てはまる数字の組み合わせはA、B、Cのどれでしょう?

セルフメディケーション税制は、本人または家族が使用する特定一般用医薬品等を購入して、
年間【    】円を超えた場合に、【    】円を限度として、
その年に所得控除を受けることができる制度です。

A:10,000、50,000   B:12,000、88,000  C:20,000、100,000

答 え

解 説

本人と生計を一緒にする家族が購入した医薬品が、
年間12,000円を超えた場合に、88,000円を限度として所得控除ができます。
特定医薬品は、かぜ薬、胃腸薬、肩こり腰痛関節痛の貼付薬まで幅広く該当し、
医療費は、本人と同一世帯の家族が使う医療費も含まれます。
厚生労働省のHPでは、
課税所得400万円の人が特定医薬品を年間20,000円購入した場合、
所得税と住民税で合計2,400円の減税効果があると説明しています。

<セルフメディケーション税制とは?>
最近ドラッグストアで市販薬を購入した際に、
「この商品はセルフメディケーション税制の対象になります・・」という記載をよく見かけませんか?

セルフメディケーションとは、
軽度の体の不調は自分で手当てすることを推進し、きちんと健康診断を受けている人が市販薬を購入した場合に、
平成29年から所得控除ができるようになりました。
自身で健康管理することは、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながります。

<セルフメディケーション税制を確定申告で受けるには?>
1.健康診断等を受けていることが必要です。

確定申告を行う人が、勤務先での健康診断、特定健康診査(メタボ健診)、
予防接種などを受けている必要があります。
上記の全部を受診する必要はなく、いずれか1つを受けていれば適用ができ、
健康診断等を受けた「結果通知書」「領収書」を提出することが要件となります。
確定申告を行う人が、健康診断等の一定の取り組みを行っていることが条件で、
世帯全員が健康診断等の取り組みを行う必要はありません。

2.従来の医療費控除との重複適用はできません。

ご自身で従来の医療費控除か、セルフメディケーション税制のどちらかを選択します。
一年間に1万2000円を超えた部分(上限8万8000円)が医療費控除の対象となり、所得控除ができます。
通常の医療費控除は、医療費の合計が年間10万円(又は所得の5%)を超える金額について所得控除ができましたが、
セルフメディケーション税制は、1万2千円を超える金額が対象となりますので、
今まで以上に医療費控除が活用しやすくなっております。

3.医療費の集計や領収書の添付が必要です。

医薬品は、セルフメディケーションの対象である医薬品の目印があるものが対象になり、
具体的な対象商品は約1,600品目あります。
かぜ薬、胃腸薬、貼付薬等など幅広く該当しますが全ての医薬品が対象ではありません。
医薬品の集計は平成29年1月1日~12月31日までに実際に支払った金額(税込金額)が控除の対象になり、
ドラッグストアで割引セールが開催されている場合は割引後の実際の支払い金額を集計します。
領収書を紛失している場合には、再発行が必要です。

セルフメディケーション税制についてのご相談は、コンパッソ税理士法人までお気軽にご連絡下さい。

 

参考 国税庁HP、厚生労働省HP