【COVID-19】持続化給付金が受けられます

「持続化給付金」とは

給付金なので、返済の必要はもちろんありません。
使用目的の制限などもありません。
事業に広く使えます。

受けられる法人(人)

COVID-19の影響で売上が昨年同月比で50%以上減少している、法人・個人事業者。
※資本金10億円以上の大企業は除く
医療法人や農業法人、非営利法人も対象になります。
売上が減少している月は2020年1月から12月の間で任意に選べます。
緊急事態宣言を受けて休業している場合も含まれます。

いくらもらえるのか

法人200万円

個人事業者100万円

※昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

<売上減少分の計算方法>
(前年の総売上)ー(昨年同月比△50%月の売上)×12ヵ月

(例)Aさん(フリーのアーティスト)
昨年の年収300万円
3月の収入がCOVID-19の影響により8万円になった。
昨年3月の収入は28万円だった。
→昨年3月の収入より50%以上減少しているので、給付を受けられる。
300万(昨年の年収)-8万(3月の収入)×12=204万円
Aさんは100万円の給付を受けられる。

いつからもらえるのか

2020年5月1日より受付開始
電子申請した場合は2週間程度で銀行口座に振り込まれます。

必要な書類

【法人】
・法人番号
・2019年の確定申告書類の控え
・減収月の帳簿など

【個人】
・本人確認書類
・2019年の確定申告書類の控え
・減収月の収入額が分かるもの

どうやって申請するのか

電子申請
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

必要な書類はそれぞれ電子データ化しておく必要があります。
スマホ等で撮影した画像でも大丈夫です。(ただし、数字や文字が読み取れるように撮影してください)

<経済産業省>
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

 

※この情報は2020年5月1日時点の情報です。

評価ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。
この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■【COVID-19】東京都 感染拡大防止協力金 申請の概要

■【COVID-19】資金不足対策~東京都内編~

■【COVID-19】家賃補助と家賃減額交渉

■【COVID-19】埼玉県 休業した企業への支援金

■【COVID-19】住宅ローン控除の適用要件が弾力化されます