所得税確定申告の内容が間違っていた場合等

 所得税の確定申告をされている方は、書類の準備、作成、計算等が終わり、ホッとされている頃ではないかと思います。もし、確定申告書を提出した後に、申告した内容に間違いがあったときは、どうしたらよいのでしょうか。その場合、税額 【続きを読む】

コンパッソ月例セミナー「資金繰り対策」と「銀行のホンネ」

資金繰りにお悩みの社長様へ!「資金繰り対策」と「銀行のホンネ」  景気底入れとの声が聞こえてきますが、中小企業の資金繰りは依然として厳しい状況が 続いております。今回は、三菱東京UFJ銀行様より講師をお招きし、個人の住宅 【続きを読む】

地方公会計制度 勉強会

主催 コンパッソ税理士法人 協賛 公会計改革に協力する会計人の会 株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング 【平成20年度決算を総務省方式改訂モデルで作成された地方公共団体様へ】  新地方公会計制度に関する勉強 【続きを読む】

平成22年度税制改正 小規模宅地等の評価減の特例

平成22年度税制改正では、土地の相続税評価における「小規模宅地等の評価減」の改正が行われます。 この制度は、相続又は遺贈により取得した財産のうちに、被相続人(亡くなった方)等の事業の用や居住の用に供されていた宅地等で建物 【続きを読む】

無料相談会のお知らせ

2010.4.吉日 無料相談会のお知らせ  この度、ご要望の多かった各専門家による個別無料相談会を定期的に行うこととなりました。毎月予約制にて開催いたしますので、 事業経営や日常での疑問や質問の解決に、是非この機会をご利 【続きを読む】

2010年度診療報酬改定のポイント

 2010年度は10年ぶりに全体でプラス改定となりました。特徴としては、事前に医科の改定率を入院と外来に分け、その引き上げ幅が示されたことと、急性期入院医療に重点を置くと示されたことが挙げられます。 今回は、その概要をご 【続きを読む】

あなたのお住まいの自治体は何モデル?

 平成19年8月、総務事務次官通知により、『行政改革推進法第62条第2項において、政府が地方公共団体に対し、企業会計の慣行を参考とした貸借対照表その他の財務書類の整備に関し必要な情報の提供、助言その他の協力を行う』ことが 【続きを読む】

棚卸資産の評価に関する会計基準による法人税法上の取扱いについて

1.趣旨 これまで棚卸資産の貸借対照表価額は、取得原価をもって貸借対照表価額とする事が一般的とされてきた。ただ、近年の国際会計基準との 調整により、通常の販売目的で保有する棚卸資産については、平成18年7月5日に企業会計 【続きを読む】

これは賃金?それとも外注費?

 業種・業態がどんどん多様化するのと同時に、雇用形態もまた業種・業態によって様々なものが存在します。雇用形態の違いによって、 消費税の仕入税額控除の取り扱いの問題や、源泉所得税の問題が生じてきます。今回は、最近税務調査で 【続きを読む】

平成22年税制改正で導入予定のグループ法人税制について

1.趣旨 グループ法人税制では、資本金5億円以上の法人の100%子法人は、零細企業と同等とはいえないとの観点から、軽減税率など中小企業 特例の適用を制限する見通しとなっている。 2.制度の内容 グループ法人税制では、完全 【続きを読む】