ビールが安くなる!? その2 税率

 ビールの税率ですが、財務省は「酒税改革として、類似する税率格差が商品開発や販売数量に影響を与えている状況を改め、酒類間の税負担の公平性を回復する等の観点から、ビール系飲料や醸造酒類の税率格差の解消など、酒税改革に取り組 【続きを読む】

非居住者の退職所得の選択課税について

 一昔前は国外に子会社の設立を行うのは大企業がほとんどでしたが、現在では中小企業でも多くの会社が国外に子会社の設立を行っています。国外に子会社が設立されると日本の親会社から役員・従業員が出向していき、出向者は数年で親会社 【続きを読む】

収益の認識基準

 皆様の会社では、どのような収益の認識基準を採用していますか。 会社に入ってくるお金を売上として計上するタイミングとして、現金主義、発生主義、実現主義の3種類があります。日本の会計基準では、「費用」は「発生主義」、「収益 【続きを読む】

年金にかかる所得税

高齢者の暮らしを支える年金も、一定額以上受け取ると所得税がかかります。 日本年金機構から毎年届く「扶養親族等申告書」を提出すれば、天引きされる税額を圧縮できます。    「扶養親族等申告書」の対象となる年金受給 【続きを読む】

資産費用化のプロセスについて(製造業を例として)

 費用の認識について理解しましょう。  費用は財産の費消分と財貨の費消の予想分からなります。財貨の費消分は、財貨が消費されて初めて費用になり、発生主義により認識されます。これらはまず、いつ記録するかを判断し、さらに費用収 【続きを読む】

税理士顧問契約は印紙がいるの?業務委託契約書はどう?

税理士がクライアントとの間で締結する顧問契約ですが、税理士顧問契約書に収入印紙は必要でしょうか? 結論から伝えると、委任契約であれば印紙は不要、請負契約であれば印紙が必要です。決算・申告を行う契約であれば請負契約に該当し 【続きを読む】

消費税の軽減税率制度について

 来年2019年10月から、消費税は現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に生活必需品である飲食料品などの消費税率は8%に据え置く(軽減税率)制度が導入される予定です。  軽減税率の対象、標準税率の対象を簡単にま 【続きを読む】

地方公会計制度の現況

 地方公会計制度とは、地方財政の「見える化」を推進するものとして総務省が主導する動きで、大づかみに言えば、単式簿記・現金主義会計で動いている官庁会計を、複式簿記・発生主義会計を用いて、より理解しやすくするものとなります。 【続きを読む】