金又は白金の地金を売却した際の注意点について

消費税が8%から10%に変更になったことで増税負担や軽減税率、キャッシュレス促進による還元等の消費者目線の環境の変化が日々取り沙汰されていますが、それ以上に企業及び経営者側は煩雑な対応に追われているかと思います。 消費税 【続きを読む】

消費税増税に伴う住宅ローン控除の一部改正

住宅ローン控除は、個人が住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、一定の要件を満たせば、住宅ローンの年末残高に対して一定割合の税額控除が受けられます。 控除額は「住宅ローンの年末残高等×1%」で、10年間に渡って控除で 【続きを読む】

役員退職慰労金の経費計上について

〈役員が分掌変更した場合の退職金〉  退職所得は、所得税法30条に「退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有する給与に係る所得」と規定されています。また、退職とは、最高裁昭和58年9月9日 【続きを読む】

交際費と寄付金の区分について

会社の事業遂行上、交際費や寄付金を支出することは必要なことです。どちらも、第三者に経済的な利益を与えるということでは変わりませんが、しかしどちらに該当するかで、税務上の扱いは大きく変わります。 ⒈税務上の取扱いの違い ⑴ 【続きを読む】

値引き処理をする際の消費税の注意点

2019年10月1日より消費税が10%及び軽減税率が適用され、処理に戸惑っている方も多くいらっしゃると思われます。その中で軽減税率にまつわる値引き処理の注意点をご紹介させてい頂きます。 1、 一括値引きの場合の値引き額は 【続きを読む】

自社ポイントを付与した場合の取扱い

小売業やサービス業では、利用者に対して自社ポイントを付与する場合があります。その場合の「収益の認識」に関する取扱いについて、国税庁が公表した事例とその背景にある「会計基準」等に基づいて紹介させて頂きます。 この「会計基準 【続きを読む】

「定期保険及び第三分野保険に係る保険料の取扱い」について

生命保険に加入されている経営者の方は、多くいらっしゃいます。理由は、会社経営を安定させ会社を守るため、リタイア後の生活の安心を確保するためなど様々です。 生命保険の保険料の取扱いの改正が行われましたので、ご紹介させて頂き 【続きを読む】

プロ野球の年間シートは開幕日計上が可能!

盛り上がりを見せたペナントレース、日本シリーズ、そしてWBSCプレミア12と、プロ野球は今年もファンを熱くさせてくれました。この熱さを受け、来シーズンは、プロ野球の年間シートを接待用に会社で購入しようか、と考えている経営 【続きを読む】

会計方針の変更に伴う税務上の取扱い

⒈ はじめに 日本経済は、米中の貿易摩擦やイギリスのEU離脱問題等から影響を受けています。また、その影響は、長期化を呈しています。このような経済の中では、卸売業や製造業は価格変動のリスクにさらされ、たな卸資産の帳簿価額と 【続きを読む】