貸付金?それとも贈与?

 親子間での金銭の授受はよくあることだと思います。例えば親から子へ援助を目的として金銭を渡した場合、税務上問題は生じないのでしょうか。 通常、金銭を渡した場合には、年間110万円を超える部分について贈与税が課税されます。 【続きを読む】

平成22年度税制改正 小規模宅地等の評価減の特例

平成22年度税制改正では、土地の相続税評価における「小規模宅地等の評価減」の改正が行われます。 この制度は、相続又は遺贈により取得した財産のうちに、被相続人(亡くなった方)等の事業の用や居住の用に供されていた宅地等で建物 【続きを読む】