ご自宅が2か所あると相続税が安くなる?

今現在お住まいになっていらっしゃるご自宅の敷地に、お子様の自宅を建ててお子様がお住みになる、あるいは利用していない土地にお子様の自宅を建ててお子様がお住みになるということを考えてみてはいかがでしょうか? 平成27年は相続 【続きを読む】

教育資金の一括贈与の非課税制度と結婚・子育て資金の一括贈与の非課税制度

平成27年4月1日から、それまでの祖父母等からの教育資金の贈与の非課税制度に加えて、結婚・子育て資金の贈与においても贈与税の非課税制度が設けられました(いずれも平成31年3月31日まで適用されます。)。 では、この二つの 【続きを読む】

非上場株式等についての相続税の納税猶予

同族会社などの非上場会社の株式等は取引相場のない株式であり、一般的に換金性がありません。相続財産に非上場株式等が含まれていると相続税の納税資金の問題が生じてしまいます。この納税資金の問題の緩和、スムーズな事業承継をするた 【続きを読む】

未分割財産の取扱いについて

相続税の申告期限は相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内ですが、申告期限までに遺産分割がまとまらないケースは少なくありません。そこで今回は、未分割財産の相続税法上の取扱いについて、ご説明したいと思います。 結論から述べ 【続きを読む】

身辺整理と遺言書

昨夏におばが介護施設に入所するため、手続き等のため帰郷してきました。もう身内としては私だけなので、この帰郷は大変喜ぶと同時に非常に申し訳なさそうな様子で、逆に此方が恐縮するぐらいでした。その際、元気なうちに色々と物を片付 【続きを読む】

在留邦人の遺言書の作成方法

外務省の統計情報によりますと、グローバル化が進み、在留邦人の数は平成25年で前年比+0.70%の1,258,263人です。 国別では米国のおよそ33%、次いで中国がおよそ11%となっており、両国で在留邦人の4割を占めてい 【続きを読む】

相続にまつわるトラブル

平成27年1月1日から相続税が改正され、基礎控除が今までの6割になり相続税の対象となる人が増えます。今までは他人事でも来年からは相続税が課税されてしまうのではないかと心配されている方々が少なからずいらっしゃるようです。 【続きを読む】

準確定申告に必要な手続き

通常の所得税は、その年の1月1日から12月31日までの所得の状況について、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告・納税を行うこととされています。しかし、年の途中で亡くなった方の場合、自身で申告・納税することはできな 【続きを読む】

住宅取得等資金贈与の非課税制度の拡充?

日本経済新聞朝刊(2014年8月23日)に、政府が、消費増税による住宅市場の立て直しのために「住宅取得等資金贈与の非課税制度」を最大3,000万円まで拡充する案を公表した旨の記事が掲載されました。現行では最大1,000万 【続きを読む】

相続税、支払いすぎていませんか?

本日は、相続税の還付について、お話しをさせて頂きます。 医師にも専門分野があるように、税理士にも専門分野があります。税理士の中でも、相続税の申告の経験があるのはほんの一握り。 相続税の申告経験がほとんどない所得税・法人税 【続きを読む】