持分なし医療法人への移行計画認定制度について③ ~具体的な手続きについて~

移行計画の認定申請と贈与税の非課税適用の手続き ⑴ 移行完了への流れ ① 厚生労働大臣への移行計画認定申請書類の提出 移行計画・定款変更案・出資者名簿・社員総会議事録・直近3年分の貸借対照表・損益計算書・運営に関する要件 【続きを読む】

持分なし医療法人への移行計画認定制度について② ~贈与税非課税での移行要件が大きく緩和~

平成29年度医療法改正および税制改正による円滑な移行計画の促進 そのような状況のなか、当初認定期限の平成29年9月30日をむかえ、厚生労働省は、医療法を改正し、厚生労働大臣の当初の認定要件に「法人の運営が適正であること」 【続きを読む】

持分なし医療法人への移行計画認定制度について① ~制度の概要と改正前の状況~

改正前の認定医療法人制度 持分のある医療法人は「定款の定めるところにより、出資額に応じた払い戻しまたは残余財産の分配を受ける権利」があり、時価純資産に基づく持分の算定が可能とされています。この出資額に応じた持分の払い戻し 【続きを読む】

医業収入アップを目指して

「もっとのんびり診療所経営をしたい。医業収益を減らしたい。来院患者さんを減らしたい。」と考えている先生は読まないで下さい。解決するのが非常に難しいからです。 「一割ぐらい医業収入を増やしたい」と思っている先生は参考までに 【続きを読む】

MMPGって知ってますか?

MMPGとはメディカル・マネジメント・プランニング・グループの略称です。 MMPGは現在会員・準会員併せて約4,800名、医療機関の経営安定化、近代化による医療・福祉界の健全発展に貢献することを目的として、1985年(昭 【続きを読む】

医療法人の設立について

個人開業医の方の中には、医療法人の設立をお考えの方も多いかと思います。今回は、医療法人の設立について、問い合わせが多いものについてご紹介致します。 Q.診療所の開設と同時に医療法人化することは可能ですか? A.都道府県に 【続きを読む】

2016年度診療報酬改定と2017年消費税率引上げといわゆる損税問題

日銀によるマイナス金利の発動は、当初の景気の刺激という思惑とは違い、世界的な金融・資本市場の混乱と相まって、長期金利は初のマイナを記録し、少なくとも短期的には円高・株安の加速という現象を呈し、我が国の経済の先行き、あるい 【続きを読む】

個人クリニックの事業承継と税金

厚生労働省の調査では開設者の平均年齢は病院で64歳、診療所で60歳を越え、70歳を超える院長も30%ほどを占めており、スムーズな事業承継は喫緊の課題となっています。今回は個人クリニックの事業承継について、留意しなければい 【続きを読む】

平成26年度診療報酬改定について

今回は、平成26年度診療報酬改定についてご紹介します。 厚生労働省は前回の平成24年度診療報酬改定で、医科・歯科ともに、「在宅医療の推進」を掲げ、訪問診療に高い加算を設けました。ところが、今回の改定では、特に医科の在宅医 【続きを読む】

増加する「クレーマー」対策

日本人の権利意識の高まりからか、数年前からいろいろな業種でクレーマー対策が脚光を浴びています。中でも、以前は少なかった医療機関へのクレームが増加しています。このようなクレーマーに対して、どのように対応すればいいのでしょう 【続きを読む】