ナレッジ

KNOWLEDGE

  1. HOME
  2. Knowledge
  3. マーケティング・経営
  4. マーケティング思考『マーケティングを考える』

マーケティング思考『マーケティングを考える』

 この度の東日本大震災からの1日も早い復興を心よりお祈り申しあげるとともに、コンパッソグループも全力でご支援致します。

マーケティングとは何か?
よく聞く言葉ですが、意外とわかっているようでわからないものです。

マーケティング(marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、『顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。』」(出典:Wikipedia)と説明しています。

一般的に市場調査や分析、広告・宣伝などをマーケティングと呼ぶことが多いのですが、それはマーケティングの中の一部であって、全てではありません。

マーケティングとは、端的に言えば「売れるための仕組みづくり」となります。

どのような商品・サービスなら受け入れてもらえるか?ヒットするか?
誰に買ってもらえるか?
どのように周知させたらいいか? などなど・・・

商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、店舗・施設の設計・設置、(いわゆる)営業、集客、接客、顧客の情報管理等に至る広い範囲」(出典:Wikipedia)をマーケティングと捉える必要があります。

ドラッカーは、「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客とピッタリ合って、ひとりでに売れてしまうこと」と述べています。
ひとりでに売れてしまったらどんなにいいだろうかと思いますが、今勝ち組として結果を残している企業は、「ひとりでに売れる」ように、しっかりと顧客のほうを向いてマーケティングを行っているのです。

今はモノ余りの時代と言われています。
そんな時代だからこそ、お客様のことをよく知って、「ひとりでに売れるための仕組みづくり」を確立していく必要があるように思えてなりません。

渋谷事務所 三上吉昭

 

関連記事

最新記事

月を選択