ナレッジ

KNOWLEDGE

  1. HOME
  2. Knowledge
  3. マーケティング・経営
  4. パレートの法則

パレートの法則

 この度の東日本大震災からの1日も早い復興を心よりお祈り申しあげるとともに、コンパッソグループも全力でご支援致します。

パレートの法則』というとピンとこなくても、『80:20の法則』や『ニッパチの法則』と聞くと、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
全体の数値の大部分は、一部の要素が生み出している」というものです。

マーケティングの世界では有名な言葉で、実際にビジネスに活用している企業も多いと言われています。
具体的にどんなことを指しているかというと、
  ・売上の8割は、2割の優良顧客が生み出している
  ・売上の8割は、2割の優良社員が生み出している
  ・売上の8割は、2割の優良商品(サービス)が生み出している
  ・税金総額の8割は、2割の上位納税者が占めている

などなどです。
是非一度、自社において当てはまるか試しに分析してみて下さい。
厳密には『80:20』ではなく、『80~70:20~30』で推移すると思いますが、傾向を見るものなので気にしなくて結構です。
不思議なことにマッチすると思います。

さて、この『パレートの法則』、2割だけを大事にすれば良いというわけではありません。
例えば「売上の8割は、2割の優良顧客が生み出している」を例に説明しますと、2割の優良顧客に対する戦略と残りの8割の顧客に対する戦略と別々に考えなさいということになります。

とかく日本人は、「お客様は神様」とばかりに、すべてのお客様を大事にする傾向が強い気がします。
その精神はとても大事なことですが、その一方で、自社にたくさんお金を落として頂いているお客様からみると、「もっと自分のことをひいきにしてよ!」という心理が働くのも事実です。
自分がお客様の立場なら納得するのではないでしょうか?

老舗のお店では「一見客お断り」を実施しているところがあります。これは常連のお客様を大事にしたいという気持ちの表れです。
ここまでしないにしても、常連のお客様には「より一層のサービス」は必要ではないでしょうか?

では、優良顧客にどのような「より一層のサービス」が必要でしょうか?

次回につづきます

渋谷事務所 三上吉昭

 

関連記事

最新記事

月を選択