WindowsXPのサポート終了によるリスクと対応策

マイクロソフトは2014年4月9日(日本時間)をもって、WindowsXPのサポートを終了することをご存知でしょうか?
そこで今回は、WindowsXPのサポートが終了することによるリスクと対応策をご紹介します。

なぜ、サポートが終了してしまうか?
マイクロソフトには「製品サポート ライフサイクル ポリシー」というものがあり、それに準拠して、「メインストリーム サポート」(製品発売後最低5年間)、および「延長サポート」(最低5年間) として、最低10年間以上のサポートを提供しています。

サポートが終了するとどうなるか?
マイクロソフトでは、製品の発売以降に発見されたプログラムの不具合やセキュリティ上の問題点を修正するため、必要に応じてセキュリティ更新プログラムを提供しています。ウイルスやスパイウェアなどの悪質なプログラムは、こうした問題点を利用して攻撃してくるため、パソコンを保護するためには提供されたセキュリティ更新プログラムを適用することが条件と言われています。
サポートが終了すると、このセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるので、ウイルスやスパイウェアなどからの攻撃を受けやすくなることが予想されます。つまり、パソコンがウイルスやスパイウェアなどから保護されず、セキュリティ上危険な状態となり、ウイルスなどに感染すると、自社のパソコンだけではなく、取引先のパソコンにも被害を与えてしまう恐れがあります。

サポート終了までにやるべきことは?
WindowsXPをお使いの方は、2014年4月までに最新のパソコンへの変更をご検討ください。サポート終了後もWindowsXPを使用する方は、セキュリティ上どれだけのリスクがあるかをご理解の上でご使用ください。また、次のような利用方法に限定した方が良いと言われていますので、ご参考にして下さい。
1.使用用途を変更し限定して使用する。
2.LAN、インターネットには接続しない。
3.外部記憶媒体(USBフラッシュメモリなど)を接続しない。

以上で、WindowsXPを使い続けることのリスクと対応策をご理解いただけましたでしょうか? 自社の使用しているパソコンを2014年4月9日以降どうするべきか、参考にして頂けたら幸いです。
なお、コンパッソ税理士法人の関与先様については、TKCシステムを「安心」かつ「快適」にご利用いただくために、パソコン購入のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

出典:マイクロソフトHP

川崎事務所 木村秀彰

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。