IT導入補助金

経済産業省の『サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)』をご存知でしょうか? ITツールを導入した中小企業者等に導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助される制度です。
平成29年2月末で一次公募が終了してしまいましたが、このたび平成29年3月31日より二次公募が開始されましたので、このIT導入補助金ついてご紹介したいと思います。

制度概要
補助金の申請期間
【二次公募】 平成29年3月31日~平成29年6月30日

補助金の対象となる経費
本事業の承認を受けたITツール(ソフトウエア、サービス等)の導入費用が補助金の対象です。
【具体例】
   (1)パッケージソフトの本体費用
   (2)クラウドサービスの導入・初期費用
   (3)パッケージソフト等のインストール費用 など
【注意点】
   (1)本事業の承認を受けたITツールでなければいけません。
   (2)ハードウエアは補助の対象になりません。
   (3)交付決定前に導入した費用は補助の対象となりません。

補助金の上限額・下限額・補助率
上限額:100万円
下限額: 20万円
補助率:2/3以下
 
活用事例
【小売業】商品の在庫管理を一括データ化。
【飲食業】顧客情報管理によりきめ細かいサービスの実現。
【宿泊業】予約状況をデータで一元管理して予約率の向上。

注意事項
1.日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等に限ります。
2.システム導入後1年以内に解約すると、補助金の返金が必要になります。
3.導入の翌年から3年間、導入の成果を届け出る必要があります。
4.補助金のため審査の結果次第では補助金が支給されない場合があります。

 
コンパッソ税理士法人からのご案内
このIT導入補助金は、コンパッソ税理士法人が提供する(株)TKCの会計ソフトも補助対象となっています。この補助金をきっかけに、TKCシステムを導入して、業務の効率化や生産性向上を検討してみてはいかがでしょうか?
IT導入支援事業者であるコンパッソ税理士法人が貴社に代わって補助金の申請手続きを行います。是非お気軽にご相談下さい。

出典:経済産業省HP
    株式会社TKC HP

渋谷事務所 福田訓久

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■RPAとAI

■ICOって何?

■ITを活用した記帳業務

■ブロックチェーンの存在と会計事務所

■インターネットバンキング不正送金・ビジネスメール詐欺被害の防止