IEの自動アップグレード

米マイクロソフトは2011年12月15日に、WEBブラウザ「Internet Explorer(IE)」の最新アップグレード版を自動配信する計画を発表しました。
今回は、その自動配信についてご紹介します。

同社の公式ブログによると、近年WEBブラウザーの惰弱性を悪用する攻撃が増えているため、最新版のWEBブラウザーを使用することで有効なセキュリティ対策になると説明しています。
最新版IEの自動配信は、まずはオーストラリアとブラジルで2012年1月から開始されています。これにより、ユーザーは最新版IEが自動的にダウンロードされ、インストールされるようになります。
例えば、Windows XPIE6/7を使っている場合はIE8が自動的にインストールされ、Windows VistaWindows 7IE7/8を使っている場合は、IE9が自動的にインストールされます。

最新版IEの自動配信は、Windowsの自動更新機能を有効にしているパソコンのみが対象となるため、自動更新機能を無効にしている場合は、有効に変更しておく必要があります。
また、自動アップグレードをしたくないユーザーに対しては、機能を無効にするツールを用意するとのことです。
特に企業ユーザーの中には、利用中の業務システム等の理由で特定のバージョンのIE利用を望むケースもあり、無効ツールが必要になってきます。

オーストラリアとブラジル以外の地域は、状況を見ながら徐々に拡大するとのことで、日本ではまだすぐには実施されない模様ですが、企業等で利用している場合は今のうちに検討しておくことをおすすめします。

渋谷事務所 三上吉昭

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■ITを活用した記帳業務

■ブロックチェーンの存在と会計事務所

■ICOって何?

■RPAとAI

■インターネットバンキング不正送金・ビジネスメール詐欺被害の防止