ITを活用した記帳業務

 皆さんも一度は耳にした事があるかと思いますが、FinTechとは、Finance(金融)× Technology(技術)を掛け合わせた造語です。
 
 金融機関では、審査業務でのAI活用などにより業務の効率化が進み、昨秋にはみずほフィナンシャルグループが1万9千人、三菱UFJフィナンシャル・グループが6千人の行員の削減方針を相次いで打ち出すなど人を減らす動きが進行しています。
会計業界では、クレジットカードやネットバンキングの取引により、自動的に反復的な仕訳を行うクラウド会計システムが話題となっていますが、これもFinTechによるサービスの一つになります。クラウド会計システムの具体例として、「MoneyForword」や「freee」などがあります。
 
<経理担当者不在の会社も>
 FinTechの活用により、仕訳の自動発生を行う事が出来る内容については、普通預金や
クレジットカードなどがあります。過去に使用した仕訳については学習機能により、仕訳が自動作成されます。毎月の口座引落やETC、ガソリン代などで手作業で入力業務を行う必要がなくなっています。今後、ますますFinTechによる記帳自動化は進んでいく事が予想されます。FinTechの活用により、経理担当者の人数を半分に減らす事も不可能ではありません。現在は、経理業務を自分たちの会社で行わず、会計事務所などの外部に委託する会社も増えてきているように思います。会社側では資料を整理するのみで、振込業務などを会計事務所などの外部業者が行い、その結果をFinTechによりリアルタイムに記帳する。
 最近はDropBOXなどのオンラインストレージサービスを有効活用する事により、各種データの共有化も図る事が可能になっています。それらを有効活用する事も必要な技術となっているのではないでしょうか。
 
 また、最近は、売り手市場により、優秀な経理担当者が採用出来ないなどの問題が発生している会社もあるかと思います。そんな時は、是非一度弊社にご相談頂ければと思います。
 
 会社に合った会計ソフトのご提案とともに、記帳業務の合理化についてのご提案をさせて頂ければと思います。ご不明点がございましたら、コンパッソ税理士法人までご連絡頂ければと思います。
 
 

渋谷事務所 羽田 宗幸

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■確定拠出年金を考えよう

■個人事業廃止後に貸倒れが発生した時の処理は?

■国税の納税猶予制度

■平成30年税制改正  ~所得税編その2~

■贈与の哲学