LED照明の取替費用の取り扱いについて

 この度の東日本大震災からの1日も早い復興を心よりお祈り申しあげるとともに、コンパッソグループも全力でご支援致します。

 昨今の電力不足に伴う節電対策等としてLED照明を導入する企業が増えてきております。蛍光灯の場合は、金額も安価ですので、寿命を迎えて取替を行った際に『消耗品費』又は『修繕費』として処理するケースが多いと思います。
 一方、LED照明の場合は、蛍光灯と比較して金額も高価であることや寿命を迎える前での取替といったケースが多いと想定されます。
これらの取り扱いについて、お客様より何件かご相談を受けましたので考えてみたいと思います。

1.寿命を迎えた蛍光灯に替えてLED照明を導入した場合
 少額減価償却資産の判定単位をスイッチ1個で考えた場合、スイッチ1個で制御される部分の照明が10万円を超えるようなことが無ければ少額減価償却資産に該当して一時の損金に算入出来るそうです。

2.寿命を迎える前に蛍光灯からLED照明に取り替えた場合
 資本的支出の定義としては、以下の記載があります。
法基通7-8-1
「法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなると認められる部分に対応する金額が資本的支出となるのであるから、(中略)原則として資本的支出に該当する。」
また、修繕の定義としては、以下の記載があります。
法基通7-8-2「法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の通常の維持管理のため、又はき損した固定資産につきその原状を回復するために要したと認められる部分の金額が修繕費となるのである(略)。」
さらに法基通7-8-4では、修繕費の形式基準として60万円未満又は取得価額の10%相当額以下と記載しています。
LED照明に取り替えることによって、建物付属設備等の価値が高まった場合や判定単位ごとの取替費用が60万円を超える場合でなければ、修繕費として解釈することも可能だと考えられます。

3.事務室等を新築した場合 耐用年数表の電気設備には、「照明設備を含む」と規定されており、蛍光灯も含むことを意味しているそうです。したがって、蛍光灯の1本あたりの単価が少額であっても少額減価償却資産とはならず電気設備の取得価額に算入されるとのことです。

出典:週刊税務通信(平成23年7月25日号)
    減価償却実務問答集(清文社・天羽和彦編)

渋谷事務所 戸田盛通

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■災害減免法による所得税の軽減免除

■雑損控除の方法

■住民税特別徴収税額決定通知書とワンストップ特例

■収入印紙と印紙税

■税金の使い道をご存じですか?Part2