納税証明書がオンラインで請求できます

 この度の東日本大震災にて被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげます。1日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

融資を受ける際等に必要となる納税証明書ですが、誰でも一度は請求したことがあると思います。
その際の手続きについて本人が窓口に行くか、それ以外の人が行く場合は委任状が必要になり面倒だと思われた人も多いのではないでしょうか。

オンライン請求・発行手続きの前に、まず納税証明書の種類を整理したいと思います。
 1.納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明
 2.所得金額の証明
 3.未納の税額がないことの証明
 4.証明を受けようとする期間に、滞納処分を受けたことが無いことの証明
以上4つの種類があり、それぞれの目的に応じた証明書を請求する必要があります。

そして本題の納税証明書のオンライン申請発行手続きについてですが、大前提としてe-Taxを利用していなければなりません。具体的な流れは下記の通りです。
 1.e-Taxで納税証明書交付請求を作成します。
 2.作成した納税証明書交付請求書に電子署名を付与して送信します。
 3.メッセージボックスに格納される交付(発行)準備が整った旨の通知を確認し希望の
   受け取り方法で納税証明書を受け取ります。

次にオンライン請求のメリットについてです。
 1.手数料が通常1枚400円のところ370円と安価になっています。
 2.自分に合った受け取り方法が選択できます。窓口以外に郵送で受け取ることが可能です。
   ただしこの場合は手数料と郵送料をインターネット等で電子納付する必要があります。
 3.大量の枚数の場合、窓口に提出してから時間がかかりましたが、オンライン請求の場合は
   窓口ですぐに受け取ることが可能です。

申告や各種届をe-Taxで提出している方は是非利用して下さい。税理士に送信を依頼している方は税理士に相談されることをお勧めします。
また、「東北地方太平洋沖地震」による災害により損失を受けた方が、復旧のために借り入れをおこす場合には、納税証明書の交付手数料は必要ないことになっています。

参考資料 国税庁ホームページ

神奈川事務所 橘智昭
この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■確定拠出年金を考えよう

■知っているようで知らない印紙税

■「会計上の負債と法律上の債務」

■ITを活用した記帳業務

■相続税がかからない相続財産