税について考えよう「クイズだゼイ!」

法人会は「健全な経営、正しい納税、社会貢献」をテーマに活動する経営者の団体です。その法人会が発行している小学生向けの税について考える冊子「クイズだゼイ!」を紹介します。子供さん、お孫さんと一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

問題1 お年玉やおこづかいにも税金はかかりますか?
      A:税金がかかる  B:かからない  C:だいたいかからない

問題2 小学生一人に1年間、教育費としてどれくらいの税金が使われているか?
      A:約44万円  B:約85万円  C:約124万円

問題3 税金は、納める相手先によって大きく2つに分けられるが、何と何でしょうか?
      A:国税と地方税  B:消費税と所得税  C:納税と節税

問題4 外国にも消費税ってあるの?
      A:ある  B:ない  C:秘密になっている

問題5 消費税以外に身近な暮らしの中で、どんな税がある?
      A:風呂税・運転税  B:入湯税・自動車税  C:いい湯だ税・運転する税

問題6 海外にあるみんなが太り過ぎにならないための税金は?
      A:食べ過ぎ税  B:おやつ税  C:ポテトチップス税

問題7 次の中で、税金が使われているものはどれですか?
      A:道路の整備や消防署  B:ゲームセンターや映画館  C:コンビニやスーパー
   
問題8 日本では税金はいつごろからあるの?
      A:卑弥呼がいた3世紀ごろから  B:聖徳太子の飛鳥時代から  C:明治時代から

問題9 次の中でほんとうに日本にあった税金は?
      A:とり税  B:かえる税  C:うさぎ税

問題10 公立の中学生一人に1年間、教育費としてどれだけの税金が?
      A:約86万円  B:約91万円  C:約98万円

答えは次の通りです。 

答1 C:だいたいはかからない・・・1年間に110万円までは税金がかからないので、その範囲内でもらっている「お年玉」「こづかい」は安心です。

答2 B:約85万円・・・公立小学校の場合、教科書・校舎や机・イス・パソコン、先生の給料などに税金が使用されています。

答3 A:国税と地方税・・・国に納めるのが国税、地方公共団体に納めるのが地方税です。所得税・法人税・消費税・相続税・贈与税・固定資産税・
                 酒税・たばこ税・関税・トン税等50種類の税金があります。

答4 A:ある・・・消費税と同じような「付加価値税」は、全世界100以上の国や地域で導入されています。北欧の社会保障は「高福祉」であり、
           25%以上の「付加価値税」の負担をしています。

答5 B:入湯税・自動車税・・・ほかにお酒に酒税、煙草にたばこ税、家や土地に固定資産税などがあります。

答6 C:ポテトチップス税(通称)・・・ハンガリーでつくられた税金で、食べ過ぎを抑えて肥満を予防する狙いが。100グラムのポテトチップスなら、
                       約7円の税金がかかります。

答7 A:道路の整備や消防署・・・安全で便利な暮らしのために使われています。信号機1機当たり240~470万円、消防ポンプ車約1,300万円、
                     高層はしご車約1億6,000万円です。

答8 A:卑弥呼がいた3世紀ごろから・・・女王卑弥呼が支配する邪馬台国では、収穫された食べ物の一部が「税」として納められていたそうです。

答9 C:うさぎ税・・・明治6年、東京でうさぎが大流行。毛に着色し高値で売る詐欺師まで登場し、これを終息させる狙いで1羽につき1ケ月1円の税金を
              課税したそうです。

答10 C:約98万円・・・高校入学までに 約805万円の税金が使われていることに。さてそれに見合う勉強をしているか心配になりますね。

国税庁HPの法人番号の下にある [税について調べる] をクリックし、[一般的な税の情報] の項目中の「▼税の学習コーナー(租税教室)」を開くと
(1)租税教育用教材 (2)税の作文 (3)ゲーム・クイズ (4)絵本・かみしばい等が用意されています。
ちなみに、政府税制調査会長の中里実氏は、中学生の時に税に関する作文コンクール入賞を契機に、法律の道に進まれたということです。

また、財務省HPでも子供向けに (1)日本の財政を考える (2)身近な税 等の項目で予算クイズ、キッズ・コーナーを設けています。大人でも詳しく学習できそうなので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

出典:全国法人会総連合発行「クイズだゼイ!」
    国税庁HP
    財務省HP

社員税理士 木村勇雄

  

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■事業承継税制 ~納税猶予を受けるための手続き~

■税金の使い道をご存じですか?Part2

■宿泊税について

■各税法における生命保険契約の取扱い

■法人税と所得税の課税の違い