確定申告の添付省略書面の提示又は提出を求められる期間の延長について

確定申告も終わり、ホッと一息ついている方も多いかと思います。ここで確定申告に関する注意事項を1つお伝えします。

e-Tax申告により添付を省略した書面については、税務署等から入力内容の確認のために提示又は提出を求められることがあります。国税通則法の一部改正により、国税について増額更正できる期間が、従来の3年間から5年間に延長されたことに伴い、平成23年12月2日以後にe-Taxで申告した際に、添付を省略した書面について税務署等から提示又は提出を求められることがある期間が、従来の3年間から5年間に延長されました(平成23年国税庁告示第31号)。

告示については、「e-Taxの法令等」の「国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省令第五条第三項に規定する国税庁長官が定める期間を定める件(平成二十三年国税庁告示第三十一号)」をご覧下さい。

源泉徴収票や医療費の領収書等について添付を省略した場合には、うっかり紛失してしまったということがないよう、管理保管には十分にお気を付け下さい。

出典:国税庁HP

渋谷事務所 高橋太一

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。