確定拠出年金を考えよう

 確定拠出年金は1階部分の国民年金、2階部分の厚生年金とは年金の受け取り方が異なり、これらの公的年金を補完する3階部分の年金という位置づけとなります。また、公的年金のように受給される年金の金額は固定されず、名前の通り拠出する掛金を確定させ、積み立てた掛金の運用しだいで老後に受け取る年金額が変わる制度です。

 加入者本人が運用の指図を行い、その運用によっては年金額を増やすことも可能です。なお、毎月積み立てる掛金を拠出できる金額には限度額というものがありますが、その掛金は所得控除の対象になり、節税することができます

 その運用については、金融機関の運用プランの中からご自分にあったプランを自由に選択することができ、その選択によって受け取る年金額が変わってくることもあるので運用プランの選択はとても重要になります。

 確定拠出年金には、 勤務先が規約を作って定めた場合に加入する企業型年金と自分自身が金融機関を選択して加入する個人型年金があります。企業型年金は会社が、個人型年金は個人が掛金を拠出することになります。企業が行う企業型年金は退職金制度として導入している企業も多いようです。
 企業型年金に加入していた方が転職をした際には、転職先に企業型年金があれば移換することができ、制度がない企業であれば個人型年金に移換することができます。また、脱退の要件を満たしていれば脱退一時金を受給できます。

 企業型年金と個人型年金の違いについては下の表でご確認ください。

          ※企業年金制度・・・厚生年金基金等の確定給付型の年金

 給付される年金は原則60歳から受給することができる老齢給付金、70歳になる前に障害状態になった加入者等が受給することができる障害給付金、加入者等が死亡したときにその遺族が受給することができる死亡一時金、一定の要件を満たした場合に受給することができる脱退一時金の4つがあります。

 企業型年金と個人型年金は掛金の拠出の仕方が違いますが、どちらも掛金の運用はあくまで自分自身です。公的年金のように受給金額が決まっているのではなく、拠出する金額や年数によって左右される制度になるので、しっかりとした知識が必要となります。

 ちょっと面倒だなと思ってしまいがちですが、税制面でのメリットもあります。少しでも興味をもっていただけたら老後に向けての資産運用の一つとして確定拠出年金制度を利用してみてはいかがでしょうか。

 

川崎事務所 木村秀彰

 


関連記事

■申告期限の延長と申告期限の延長の特例について

■平成30年税制改正―国際観光旅客税「出国税」・消費税編

■間違いやすいマイカー通勤者の通勤手当

■退職者に支払うボーナスと源泉徴収

■「会計上の負債と法律上の債務」