生命保険料控除の改正について その2

 この度の東日本大震災からの1日も早い復興を心よりお祈り申しあげるとともに、コンパッソグループも全力でご支援致します。

今回は、事例をもとに控除額がどう変わるかご説明します。

事例1 生命保険料年間12万円、年金保険料年間12万円の場合
(1)平成23年12月31日以前契約の場合 5万円+5万円=10万円
(2)平成24年1月1日以後契約の場合  4万円+4万円=8万円

事例2 生命保険料年間8万円、年金保険料年間8万円の場合
(1)平成23年12月31日以前契約の場合 (8万円×1/4+2.5万円)+ (8万円×1/4+2.5万円)=9万円
(2)平成24年1月1日以後契約の場合  (8万円×1/4+2万円)+ (8万円×1/4+2万円)=8万円

事例3 生命保険料年間10万円、医療保険料年間10万円、年金保険料年間10万円の場合
(1)平成23年12月31日以前契約の場合 5万円+5万円=10万円
(2)平成24年1月1日以後契約の場合  4万円+4万円+4万円=12万円

平成23年12月31日以前契約か、平成24年1月1日以後契約かによって変わる所得控除差額は、最大で2万円になります。
20年間継続すると2万円×20万円=40万円の差額となります。
ケースバイケースで控除額が変わりますので、一概にどちらが得かは判断できませんし、控除額の損得だけで、保険加入を考えるのは、本末転倒になってしまいます。
「必要な保険に、必要なだけ入る」の大前提で、保険商品、加入時期等をご検討下さい。

渋谷事務所 中澤将俊

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■税理士顧問契約は印紙がいるの?業務委託契約書はどう?

■出産費用と高額療養費について

■各税法における生命保険契約の取扱い

■住宅借入金等特別控除で認められる外溝工事について

■「アドバイザリーサービス契約書」に印紙は必要か?