生命保険料控除の改正について その1

 この度の東日本大震災からの1日も早い復興を心よりお祈り申しあげるとともに、コンパッソグループも全力でご支援致します。

平成22年度の税制改正により生命保険料控除制度の改正が成立し、平成24年1月1日以降の保険契約から適用される事になりました。今回から2回にわたり、生命保険料控除制度の改正についてご紹介します。

改正のポイント
(1)現行の「一般生命保険料控除」と別枠で、「介護医療保険料控除」が創設されました。
   これにより改正後は、「一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3つの控除枠になります。

(2)新制度では、それぞれの保険料控除の適用限度額は、所得税4万円に減りますが、合計の適用限度額は、所得税12万円
   増えます。(個人住民税は各2.8万円、合計で7万円です)

(3)新制度は、平成24年1月1日以降に締結した契約から適用されます。平成23年12月31日以前の契約は、今までどおり
   旧制度が適用されます。

(4)平成23年12月31日以前(A)と平成24年1月1日以降(B)の両方の契約がある場合は、A+Bの合計で4万円が限度額に
   なります。

改正内容のイメージ

次回、事例をもとにご説明します。

渋谷事務所 中澤将俊

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■公益法人等に財産を譲渡した場合の非課税特例

■出産費用と高額療養費について

■ITを活用した記帳業務

■平成30年税制改正  ~所得税編その2~

■平成30年度税制改正大綱 ―資産課税編その1 事業承継税制の特例の創設等―