残価保証とは

覚えていますか?
「トヨタ3年ぶん、ください」というテレビコマーシャルを。
 
 何も知らない私は、そのテレビコマーシャルを見て、『月々の支払負担が自分の無理の無い範囲に抑えられ、しかも3年ごとに色々な自動車に乗り替えることができる』というPRに魅力を感じ、インターネットで見積シミュレーションをし、マイカーの夢を見ていました。
 
 その数年後、簿記の学習をしていくうちに、私は「3年ぶん、ください」の本当の意味を知ることとなりました。
今回は「残価保証」とはどんなものかお話しします。
 
 「3年ぶん、ください」とは、自動車を購入することではなく、自動車を使用する権利を購入することです。自動車は借りるだけで自分のモノではないので、「3年間のカーリース」の契約を結ぶということです。
 
 「残価保証」とは、契約者本人が契約期間満了時のモノの価値を保証する事です。
ここで言う「価値」とは「どのくらい劣化したのか」を意味しています。
自動車で言うと「走行距離」や「車体のキズ」「タイヤやブレーキの摩耗」などなど。
 つまり「残価保証する3年間のカーリースの契約」とは、3年後の時点で「借りた最初の時に自分で決めた自動車の価値」を超えるような劣化をさせませんという約束をする、ということです。
 3年間のうちに、決めた走行距離以上自動車を走らせたり、キズをつけてしまったりすると当然「価値」が下がります。
返却時の査定はリース会社の人が実施するわけですがその結果、保証した価値を下回っていると判断された場合には自動車を使用していた自分が、その超過した劣化分の保証をしなければなりません。
 即ち、超過した劣化相当額を補填しなければならない、という契約なのです。
 
 「3年ぶん、ください」と言われるとなんとなく月々の支払額は、一見低く抑えられているように感じてしまいますが、その内訳は単純に「3年間使用して劣化する部分の自動車の価格」だけではなく「3年間使用して劣化する部分の自動車の価格と保証した契約満了時のモノの価値を足した金額(つまり車両本体価格)に対する利息」が含まれている為、実は利息ばかりの返済状態で、いつまで経っても元本が減らないのです。
利息ばかり払って、返却時に査定を下げられてしまって、自動車を引き取るにしても残りの返済金額が3年間払った金額に見合わないとなると
何に対して3年間お金を払っていたのかわからなくなってしまいます。
 
 身近な出来事が日々の学習と結びつくと非常に理解が深まります。
「おいしい話」には必ず裏がある、「おいしい話」なんて絶対にないことを身をもって体験しました。
 

千葉流山事務所 大池 由梨

 

評価ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。
この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■研究開発税制

■競馬の馬券の払戻金に係る課税について

■「○○市は住民税が高い」って本当? その2

■消費税軽減税率よくある質問

■印紙税の非課税文書