日本政策金融公庫の融資のポイント

初めに日本政策金融公庫の概要からです。日本政策金融公庫の業務の特徴は
 1.小規模事業者をサポート
 2.セーフティネット機能(小規模事業者の資金繰り)
 3.成長戦略分野(創業後間もない企業等)
を支援しています。

ここからが皆さんの知りたい融資審査のポイントになります。
1.ヒト、モノ…ヒトに関しては信頼性、謙虚さ、決断力・責任感、計数観念(決算の内容、今後の見通しを自分の言葉で説明できるか)を見ています。モノに関しては、製品力、技術力、サービス、販路を見ています、小規模企業は決算書に表れていない強みを存在基盤としているとのことで、まさしくヒトを見ています。

2.カネ(売上高、利益)…売上高に関しては企業規模、売上げの仕組み・お金の流れから事業内容を把握していて、金融機関が知りたいポイントは、誰に何を売る?主な取引先と取引先別、月別の内訳等を把握されています。利益に関しては、企業の維持、発展は企業の原動力で、それが金融機関の返済財源となる。利益だけでなく、資金繰り「利益+減価償却費」で計算されるキャッシュフローが返済財源として重要とのことで、知りたいポイントは、赤字の場合はその理由と今後の方針として経営者としてのお考えです。

3.カネ(自己資本、借入金)…自己資本に関しては、債務超過でも資金の調達で存続可能であるかを見ています、知りたいポイントは、経営者の個人資産・負債、債務超過の場合はなぜ存続できたのかを知りたい。借入金に関しては、今後も継続的に借入可能?借入金の総額が過大ではないかを確認し、知りたいポイントは、借入金残高の内訳・明細→メインバンク、「返済金>返済財源」になっていないかです。

4.カネ(貸付・仮払金、その他)…貸付・仮払金に関しては、代表者への貸付がないかのチェック。知りたいポイントは、相手方と理由、将来的な解消の見通しです。

5.改善計画…現状分析、収支改善、改善策に取り組んだ効果、一番重要なことは早期着手をお願いします。

ここからは融資担当者のつぶやきになります。
1.担当者も融資したいので、融資できるストーリー(事業には夢も必要だが、夢のような話はダメ)を聞かせてほしい。
2.早めに相談してください(切羽詰まってからはダメ)。
3.各種支払期限を実行してください。
4.事業に関係ないことには資金流出しないでください。
5.良き相談相手を確保してください。
6.メインバンクとの関係を大切にしてほしい。

まだまだ書き足りないこと(創業融資審査のポイント)もありますが、資金繰りにお困り方はぜひ一度、我々コンパッソ税理士法人にお問い合わせください。

川越事務所 榊原 賢志

川越事務所 古田一成