学生アルバイトの確定申告について

〇日本の所得税制度
 日本の所得税は、納税者自身がその所得金額と税額を計算し、自主的に申告と納税を行う「申告納税制度」を採用しています。また、これと併せ、特定の所得については、その所得の支払者が、税金を徴収して納付する「源泉徴収制度」を採用しています。アルバイトによる収入は「給与所得」に該当することから、源泉徴収されています。
 
〇源泉徴収票とは
 給与所得の源泉徴収票は会社が、従業員に対して1年間に支払った給与の金額と天引きした所得税及び復興特別所得税の額を、その従業員に知らせるために会社が発行する証明書のことです。源泉徴収票には支払金額、給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額、源泉徴収税額が記載されています。
 
〇確定申告書に記載する事項
 確定申告書には、記入する欄が多くありますが、必要な情報だけ記入します。申告書の収入金額等の『給与』欄へ、会社から受け取った源泉徴収票にある『支払金額』を記入します。
次は収入金額から、必要な経費等を控除して、「所得金額」を求めます。給与所得は、事業所得などのように必要経費を差し引くことはできない(ここでは特定支出の控除はないと想定します)代わりに所得税法で定めた給与所得控除額を給与の収入金額から差し引きます。
 
計算式:給与等の収入金額-給与所得控除額=給与所得の金額
 
〇受けられる控除
 所得税法上の「勤労学生」に当てはまる場合、「勤労学生控除」が受けられます。また、所得税額の計算をする場合に、全ての納税者が総所得金額などから差し引くことができる控除を「基礎控除」といいます。
 
 例えば、源泉徴収票の支払い金額が800,000円で源泉徴収税額が10,000円の場合、給与所得控除額は650,000円で所得金額は150,000円になります。そこから勤労学生控除270,000円と基礎控除380,000円を引いて△500,000円になります。そのため、課税される所得金額は0円になります。
 
 申告書の「課税される所得金額」欄へ、所得金額から所得控除額を差し引いた金額を記入します。 「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」欄へ、源泉徴収票の源泉徴収税額を記入し、差し引いた金額を「所得税及び復興特別所得税の申告納税額」欄の「還付される税金欄」へ記入します。今回の場合、所得税及び復興特別所得税の額が0円となり、源泉徴収された10,000円が還付されることになります。
 
 給与所得(アルバイト収入等)がある場合は、確定申告によって、その収入に応じた1年間の税額を計算し、既に支払った源泉所得税及び復興特別所得税との差額を計算することで、税金の精算をすることができますので、確定申告書を作成してみてください。
 
参考 国税庁 https://www.nta.go.jp/index.htm

川越事務所 業務部 伊藤愛美

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■税金の使い道をご存じですか?Part2

■観光立国へ向けた平成30年度税制改正の動き

■間違いやすいマイカー通勤者の通勤手当

■賦課課税と税額の誤り

■収益の認識基準