国税のクレジットカード納付

平成29年1月4日から、インターネットを利用して、クレジットカードで国税を納付することができるようになりました。

概要
クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続きです。
国税クレジットカードお支払サイト」は国税庁長官が指定した納付受託者が運営する国税のクレジットカード納付専用の外部サイトです。

対象となる国税
申告所得税及び復興特別所得税、法人税、消費税及び地方消費税、贈与税、酒税などほぼ全ての税目で利用可能です(一部対象外の税目があります)。

ご準備いただくもの
納付する税目や金額のわかるもの(確定申告書など)と、利用するクレジットカードをご準備ください。

受付時間
24時間利用可能(※メンテナンス作業等でご利用いただけない時間が生じる場合があります)。

注意事項
1.クレジットカード納付では、納付税額に応じた決済手数料がかかります。
   ※決済手数料は、国の収入になるものではありません。

2.クレジットカード納付ができる金額は、1,000万円未満かつご利用になるクレジットカードの決済可能額以下の金額(決済手数料含む)です。

3.利用可能なクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDです。

4.領収証書は発行されません。領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください。

5.「国税クレジットカードお支払サイト」での納付手続が完了すると、その納付手続の取消しはできません。

6.納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予等を受けることはできません。

7.国税のクレジットカード納付はインターネット上のみの手続であり、金融機関やコンビニエンスストア、税務署の窓口では、クレジットカードによる納付はできません。

8.クレジットカード納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。

クレジットカード納付の方法
インターネットの利用が可能なパソコン、スマートフォン及びタブレット端末から、納付受託者が運営する「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスします。

アクセス方法
1.国税庁ホームページから
   国税庁ホームページで「国税クレジットカードお支払サイト」をクリックしてアクセス

2.確定申告書等作成コーナーから
   確定申告書等作成コーナーで、納税額のある申告書を作成した場合などに表示される納付方法の案内画面からアクセス

3.e-Tax(国税電子申告・納税システム)から
   平成29年6月からの開始を予定しています。

クレジットカード納付のメリット・デメリット
1.メリット
  ・時間を気にせず、夜中でも納付できる(24時間対応)
  ・金融機関などに出向く労力がなく、交通費もかからない
  ・現金がなくても納付でき、延滞を免れる(納期限→クレジットカードの引落期限に)
  ・法人の場合、引き落としまでに猶予ができ、キャッシュフローに余裕が出る(クレジットカードの引落は通常2ヶ月先)
  ・クレジットカードのポイントがつく

2.デメリット
  ・国税カード決済には1万円につき82円の手数料がかかる(納税額1万円までは税込82円、以降1万円ごとに82円が決済手数料として加算)
  ・1回当たりの利用額が1,000万円未満に限定される
  ・税金の納付は重要な公人情報なので漏洩が気になる

その他ご不明な点は、国税庁ホームページのクレジットカード納付のQ&Aをご確認ください。

出典:国税庁HP

渋谷事務所 羽田宗幸