会社で飼うペットについて

 偶然ですが、最近の定期訪問時にある顧問先2社から同じような質問を受けました。
「うちの会社で飼っていた○○ちゃん(犬)、亡くなったんだけど、火葬費って会社の経費にできるの?」
「会社で飼っている犬の餌だけど、会社の経費にできるの?」
 個人で犬や猫を飼っている人は多いと思いますが、最近では、様々な理由からペットを飼っている会社も増えているのではないでしょうか。
今回は、会社で飼っているペットに関する費用についてのお話です。

(1) ペットの購入費用について
 ペット販売業などは、商品仕入として売上原価を構成するものになりますので、当然、経費になります。では、ペット販売業を営む会社でない場合には、ペットの購入費用は経費にならないのか?といえばそういうことはありません。

<ペットの購入費が経費になる場合>
① 犬や猫が会社のマスコットとして広告塔や看板になっている場合
② 犬が会社の番犬になっている場合
③ 会社入口や応接室などに来客者を癒す目的で熱帯魚を飼っている場合
 以上のような場合、会社の収益や警備に貢献していると考えられるため、ペットの購入費用は会社の経費となります。ただし、ペットの購入費用が30万円以上の場合には、固定資産の器具及び備品の一項目として計上し、ペットの種類に応じ、犬・猫の場合であれば耐用年数8年の減価償却費として経費になります。(中小企業の場合、少額減価償却資産として30万円未満の固定資産については購入時に経費として計上できるので、30万円未満のペットを購入した場合は、一時の経費として計上することもできます)

(2)ペットの餌や備品等の購入費用について
 (1)①~③に該当するような場合、当然、購入費用と同じように経費にできます。

(3)ペットの火葬費用について
 これも、(1)①~③に該当するような場合は、社会通念上不相当に高額でなければ、会社の経費として問題ないと思います。
ただし、会社役員が個人的に飼っているペットの費用を会社の経費に計上している場合、役員給与と判断される可能性が高く、個人事業者が飼っているペットに関する費用を経費にすれば、事業との関連性がどの程度あるかによって否認される可能性も高いので注意が必要です。
以上、簡単ですが、会社でペットを飼っている場合の費用についてのお話でした。

 千葉流山事務所 川手 啓喜

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■扶養家族の範囲は

■平成30年度税制改正 -資産課税編その2-

■地方公会計制度の現況

■収入印紙と印紙税

■研究開発税制