クレジットカード納付の注意点

平成28年度の税制改正で国税のクレジットカード納付の制度が創設されました。当ブログでもご案内させていただきましたので、ご存知の方も多いかと思いますが、実際に平成29年1月4日より納付手続きが開始されましたので、今回は利用した際の注意点をあげたいと思います。

利用できるサイトについて
クレジットカード納付は、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)が運営する「国税クレジットカードお支払サイト」でのみ納付することができます。

カード名義人について
利用できるクレジットカードは、利用者(納税者)と名義人が異なっていても納付できますので、利用者の国税を利用者の家族等のクレジットカードで納付することもできます。ただしその場合には、クレジットカードの名義人が納付を行うようにしてください。

クレジットカードの限度額
限度額はクレジットカードに依存します。国税の納付額が多い場合には、クレジットカードの利用限度額を超過する場合もありますので、利用前に限度額の変更などの事前準備をお勧めいたします。また、クレジットカード会社によっては、一時的な限度額の変更が可能な会社もあります。

クレジットカード納付の際の手数料
クレジットカードによる納付の際の利用手数料は納税者が負担することになります。
決済手数料は納付税額が最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)を加算した金額となります。決済手数料は、「国税クレジットカードお支払サイト」において、シミュレーション計算が可能ですので、納付前にご確認ください。

納税完了の確認と延滞税
クレジットカード納付については、国税通則法第34条の3の規定により、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を計算することとなっておりますので、法定納期限内に「国税クレジットカードお支払サイト」において、その手続きを完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税は発生しません
手続き時には、完了通知が届くメールアドレスを登録することができますので、登録し、完了通知を届いた完了通知を保存しておくことをお勧めいたします。
また、納付手続き完了のページを印刷しておいたほうがよろしいかと思います。
なお、クレジットカード納付を行った場合には、領収書の発行はなく、納税証明書への記載も3週間程度かかるようですのですぐに納税証明書が必要な場合等はご注意ください。

いかがでしょうか。利用してみた感想としては、想像以上に簡単でした。
「国税クレジットカードお支払サイト」では、夜間や休日でも納付することができますので、納付期限が迫っているが、銀行等の空いている時間に納付に行けないといったような場合には便利かと思います。

出典:国税庁HP

渋谷事務所 菊地祐克

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

関連記事

■個人事業廃止後に貸倒れが発生した時の処理は?

■平成30年度税制改正 -資産課税編その2-

■年金から差し引かれる金額や種類

■贈与の哲学

■法人税と所得税の課税の違い