なぜ使わない?助成金・補助金

返済不要の資金が世の中に溢れています。

皆様、特に経営者に於かれましては、公的な助成金等を支給事由毎に調べてみると種類の多さに驚かれると同時に、うちでも使えそうだと思われるものがあることに気がつかれるのではないでしょうか。しかし、事業の変革等を計画するときの資金の中に助成金等が入ってない方が大部分をしめています。理由は単純、知らないからです。
巷には助成金等のセミナーが毎日何処かで開催されているようですから勉強しましょう。今これをお読み下さっている方は今日から興味をもって戴きたいと思います。

一例を挙げれば、
  創業等に関するもの、
  雇用等に関するもの、
  設備資金等に関するもの、
  研究等に関するもの、
  経営革新等に関するもの、
  その他に関する
・・・等々。
そして、これらが事由毎に細分化されており、全国規模のものから地方独自のものまで含めると膨大な数の助成金等が存在しています。
中長期的な制度から、短期的なもの。そして世の中の景気や政治動向によって制度が生まれたり消えたりします。又、予算を使いきれないうちに終わってしまうもの、すぐに使いきってしまい期限を待たずして終了するもの等、多種多様なものが存在します。

実際、これらの制度を活用し、年間数十万円~数百万円もの返済不要資金の調達をしている方も見受けられます。
もし、100万円の助成金受給があったとします。これは必ず純粋な収入(利益)です。原価・諸費用の控除を考えると、どの位の売上に匹敵するか? もう、お解りですね。
同じ資金量でありながら融資等で利息があり元金返済があるのとでは、勝負にならないことは分かりきっています。

せっかく時代の流れの中から生まれている助成金等
今の時代に生きている経営者ならば、今の経営に助成金等を役立てない法はないと思います。是非とも受給申請を考えて戴きたいものです。

助成金・補助金のことでご不明なことについては、コンパッソ税理士法人(コンパッソ社会保険労務士法人)までお気軽にお問い合わせ下さい。

千葉流山事務所 上原俊幸

 

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■相続により取得した「空き家」の譲渡所得について

■法人税と所得税の課税の違い

■非居住者への支払の際の源泉所得税について

■年金から差し引かれる金額や種類

■「会計上の負債と法律上の債務」