保育所委託費の弾力運用豆知識~通知を読み解く~ パート3:保育所での車の購入について

豆知識第3回目です。
これも顧問先でよく話題になるお話です。
 
保育園で車を買いたいが…
 
 社会福祉法人で車を保有していることは、ごく普通のことだと思われます。
デイサービスの送迎や、訪問介護の際の移動手段等々…
では保育所ではどうなのでしょうか。
やはり府子本第228号通知にヒントがあります。
 
(問19)登所バス以外の行事を目的とした車の購入に委託費を充てることは可能か。
(答)登所バス以外の行事を目的とした車の購入については、都道府県、市町村において使用目的、使用度などの判断を十分加えた上で、備品等購入積立資産及び当期末支払資金残高を充てることとして差し支えない。(以下省略)
 
 そんなに使わないけどあると何となく便利だから…などという理由では場合によっては認められないかもしれません。その必要性を十分考慮して、その上で所管の自治体に確認してから実行する方がよいと思われます。
 また財源も、「備品等購入積立資産」「前期末支払資金残高」と記されています。
 つまり、当期の委託費を使ってはならず、それは園児などの処遇に充てるべきということなのでしょう。
下手に買ってしまい、後の監査で指摘されてその車を売却せざるを得ない、というケースが稀ではありますが、お見受けすることがあります。
 車の購入には注意が必要ですね。
 
 
 コンパッソ税理士法人では、保育所を始めとして数多くの社会福祉法人会計に関する事例を取り扱っております。
 ご不明点、ご相談等ございましたらお気軽にお問合せ下さい。
 
横浜青葉事務所  砂田 力


関連記事

■定期巡回・随時対応型訪問介護看護という事業

■社会福祉法人の事務処理体制向上の支援について

■介護事業の担い手としてのNPO法人