相続時精算課税制度の適用範囲拡大(平成25年度税制改正大綱より)

前回に引き続き、平成25年度税制改正大網において盛り込まれた、「相続税・贈与税の見直し」についてご紹介します。
今回は、「相続時精算課税制度の適用範囲の拡大」についてご説明します。

現行では、65歳以上の親から20歳以上の子に生前贈与する場合に、課税財産から2500万円を控除し、超える部分について一律20%とされています。改正では、贈与者の年齢要件を60歳以上に引き下げ、受贈者の範囲に20歳以上の孫が加わります。

※赤字が変更箇所になります。
※平成27年1月1日以後の贈与より適用となります。

相続時精算課税制度の詳細について、ここではご紹介しませんが、「相続時精算課税制度」と「暦年贈与」はどちらかの選択になります。一度「相続時精算課税制度」を選択すると、「暦年贈与」に戻ることはできませんので注意が必要です。

相続時精算課税制度」と「暦年贈与」の有利不利は、ケースバイケースで異なりますので、是非一度コンパッソまでお気軽にご相談下さい。

次回は、贈与に関する改正案で注目されている「孫への教育資金贈与」についてご紹介します。

渋谷事務所 末廣悦子

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

資産の無償移転による課税関係について

個人及び法人が資産を贈与した場合の課税関係(贈与側及び受贈側)の基本パターンを下記にまとめました。資産を贈与した場合には

記事を読む

事実上の相続放棄と法的な相続放棄

皆さまは【相続放棄】という言葉をどのようにお使いになりますか? 「弟はずっと父さんのスネをかじってきたのだから、相続放

記事を読む

白井相談室第9回『粗末な遺言書でも効果を発揮した事例』

第9回も実際にあった事例をご紹介したい。 S社の会長さんが入院したと聞き、病院へ駆けつけた。脳梗塞だった。かねてから

記事を読む