相続人の順位と法定相続分

皆さんは、相続と聞くと、亡くなった方(被相続人と言います)の親、兄弟、子供など親族全体が関係する、という印象をお持ちではないでしょうか?
遺言があるときなどは、そのような事態が生じる場合もありますが、基本的には、相続人には民法で定められている順位があり、相続人の範囲は限られています。
そこで今回は、相続人の順位と法定相続分についてご紹介します。

相続人の種類と相続順位
●配偶者相続人
被相続人に配偶者(妻又は夫)がいる場合には、配偶者相続人として常に相続人となります。

間違って考えられがちなのが次の相続人です。この相続人の場合、順位が上の相続人がいる場合には、下位の相続人には相続権はいきません。

●第一順位 被相続人の直系卑属(子供や孫のことを言います)
子供が既に亡くなっている場合には、孫が相続権を引き継ぎます。

●第二順位 被相続人の直系尊属(親や祖父母のことを言います)
ここで注意したいのは、第二順位の相続人が相続権を持つのは、第一順位の相続権を持つ人、つまり子供や孫がいない場合(もしくは子供や孫が相続を放棄した場合)だけであるということです。

●第三順位 被相続人の兄弟姉妹
この場合も同様に、被相続人に子供や孫、また親や祖父母もすでに亡くなっている場合(もしくはそれらの方が生きていても、相続を放棄している場合)に、初めて相続権が生じます。

例えば、被相続人に配偶者と子供と両親と兄弟姉妹がいる場合には、配偶者と第一順位である子供が相続人となり、両親と兄弟姉妹には相続権はありません。ですから、相続が発生しても、亡くなった方の子供、親、兄弟の皆が相続権を持って、揉めてしまうということはありません。

ケースごとの法定相続分
では、実際の相続のケースを見てみましょう。その人の右側の()にある分数は、「法定相続分」を指します。「法定相続分」とは、民法上、被相続人の財産のうちどれくらいを取得する権利があるか、その割合のことです。

●配偶者と子供がいる場合(配偶者+第一順位)

配偶者が相続財産の半分を取得し、残りの半分を子供たちが平等に分けるのが法定相続分です。とはいえこの法定相続分とは、あくまでも相続人の間で遺産の分割がうまく決まらないときに、法律で平等に分ける際の割合のことなので、必ずしも平等に分けなければならないというわけではありません。
例えば、相続人全員が納得すれば、遺産の全部を一人の人が相続しても問題ありませんし、遺言などで被相続人が意思表示をしている場合には、相続人のうちだれがどの財産を継ぐかを指定したり、相続人以外に財産を取得させるたりすること(遺贈といいます)もできます。
※ただし、相続人には「遺留分」という、最低限取得が保障される相続財産があります。遺留分は法定相続分の半分です。

●配偶者が既に亡くなっている場合(第一順位のみ)

この場合は子供2人で2分の1ずつということになります。

●子供がなく、配偶者と両親がいる場合(配偶者+第二順位)

第二順位の両親が相続人の場合には、配偶者の相続分は2/3となり、両親は残りの1/3の半分ずつ(1/6)が相続分です。両親のどちらかしか存命でない場合には、その親が1/3全部を取得します。両親がもし亡くなっていて、祖父母が存命の場合は祖父母が取得します。

●子供も両親もなく、配偶者と兄弟姉妹がいる場合(配偶者+第三順位)

第3順位の兄弟姉妹が相続人の場合には、配偶者が3/4、兄弟姉妹は残りの1/4を兄弟姉妹の人数で分けることになります。

他にもいろいろなケースが考えられるので、自分の家族の場合はどうなるのか?と疑問に思われるかも知れません。その場合にはお近くの税務署か、コンパッソ税理士法人までご相談下さい。

横浜事務所 岡野弘典

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。