ナレッジ

KNOWLEDGE

  1. HOME
  2. Knowledge
  3. 医業
  4. 最新の癌治療

最新の癌治療

癌は、日本人の死因の第一位であることは、よく知られており、致死率の高さもさることながら、その治療法においても、手術・抗癌剤・放射線など身体的苦痛を伴うものが多いのが現状です。

癌細胞は、体内の細胞が突然変異したものであり、外から侵入した細菌やウィルスのように抗体を作りやすいものではありません。したがって、手術や抗癌剤等の外的措置以外には、体内の免疫力を強化し、癌細胞をやっつけるしか方法がありません。
ノーベル賞学者バ-ネット博士は、1970年に免疫監視機構という概念を発表し、癌細胞を免疫力で消滅させる理論が一般的になりました。これが、いわゆる癌免疫細胞療法です。

癌免疫細胞にはいくつかの種類があります。T細胞樹状細胞NK細胞などがそれです。白血球の一部であるマクロファージが癌細胞を発見するとT細胞に伝え、樹状細胞が抗原を提示する方法と、NK細胞に体内をパトロールさせ、発見しだい攻撃する方法です。

最近の研究では、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を利用した方法が効果的だと言われております。血液内からNK細胞を採取し、これを体外で培養し点滴で戻す方法です。
NK細胞は、原始的な細胞で人間は生まれた時から持っていますが、加齢とともに減少してしまう細胞です。これを体外で培養し体内に戻すことで免疫力を高めようというものです。

しかし、NK細胞は増殖が速い癌細胞には追いつけません。一般的には、手術等の外的治療との併用という方法で利用されておりました。抗癌剤や放射線で癌細胞をたたき、NK細胞でやっつけるという方法ですが、これでは治療に伴う苦痛は回避できません。

最近では、ハーセプチンという薬品を投与する方法が多いようです。この薬剤は1本50,000円/60mlと高価で、一回の治療に6本必要となり、保険もききません。
高価ではありますが、ハ-セプチン投与により癌細胞のトゲを取り除き、NK細胞が攻撃しやすくなるという効果で、改善率が飛躍的に高まり、かつステ-ジ4レベルの癌にも対応できるようです。

問題は治療費です。重量子線も免疫細胞も、治療費は高額になります。健康保険が適用されれば良いのですが、自費でしか受診できません。
癌は切らないで治すのが時流ではありますが、治療に苦痛を伴わないことを要求するのであれば費用がかかるということですね。

川崎事務所 依知川功一

 

関連記事

最新記事

月を選択