恐ろしいCOPD

一時期TVCMでよく見かけたCOPDという病があります。
今回はそのCOPDについてご紹介します。

COPDとは?
慢性閉塞性肺疾患といわれ、死よりも恐ろしい病といわれております。それは、COPDが喫煙などを起因として肺に炎症がおこり、気道が狭くなって空気が通りにくくなるため、非常に苦しい症状を伴うからです。
COPDは一つの病名ではなく、慢性気管支炎・肺気腫・びまん性汎細気管支炎など、長期にわたって気道が閉塞状態になる病の総称です。

自覚症状
慢性気管支炎は、痰を伴う咳が特徴です。気管支に慢性化した炎症やむくみが生じ、痰が多くなります。それにより痰を体外に出すため咳が多くなります。恐ろしいのは、痰の量が増加すると、気管支が塞がれてしまい、そこに細菌・ウィルスが感染して炎症を広め、気管支を狭くし空気が通らなくなり、肺胞を破壊します。
肺気腫は、肺胞の細胞が崩れて膨張し、弾力性・収縮性を失い息を吐き出すときに肺が縮まりにくくなり、新しい空気を吸えず、息切れします。
びまん性汎細気管支炎は、気管支の先の細い気管支(呼吸細気管支)の慢性炎症により、咳・痰が増え息苦しくなります。
総合すると、咳・痰の増加と息切れを併発するとCOPDの可能性が大きいといえるでしょう。

原因
COPDを引き起こす最大の原因は喫煙です。受動喫煙も発症の原因になる可能性も指摘されています。肺機能は加齢とともに低下しますが、喫煙がこれを加速するといわれています。現在喫煙していなくても、過去に喫煙歴がある方もCOPDになる可能性が高いようです。

検査と治療
COPDは、肺機能検査・血液検査・胸部X線・心電図などの検査で診断されます。その治療には、禁煙を前提とした運動療法・薬物療法・呼吸理学療法・在宅酸素療法などがありますが、気になったら呼吸器科のクリニックに受診し、早期に治療した方がいいでしょう。

呼吸ができない病の苦しさは、想像に難くありません。症状に覚えがあればCOPDを疑ってみる必要がありますね。

川崎事務所 依知川功一

 

評価ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。
この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■持分なし医療法人への移行計画認定制度について② ~贈与税非課税での移行要件が大きく緩和~

■持分なし医療法人への移行計画認定制度について① ~制度の概要と改正前の状況~

■持分なし医療法人への移行計画認定制度について③ ~具体的な手続きについて~