社会人の学び直しを応援する制度 その1

自分のスキルをアップさせたいという向上心をお持ちの方は多いのではないかと思います。今回はそのような方のために、国が行っている「専門実践教育訓練」を紹介したいと思います。

この制度は、平成26年10月1日に「教育訓練給付金」の給付内容を拡充するものとして開始されました。

受講費用のうち、最大144万円を支給
受講者が支払った教育訓練経費のうち、40%が支給されます(年間上限32万円)。更に、受講修了日から一年以内に資格取得等し、被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%が追加支給されます(合計60%、年間上限48万円)。
給付期間は原則2年(資格の取得につながる場合は最大3年)となっています。

給付を受けることができる方
・初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
・平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者を有している方。
・平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)

<対象となる講座>
ハローワークインターネットサービスから対象となる講座を検索することができます。

さらに、平成30年までの暫定措置としてですが、現在、会社にお勤めの方で、これから会社を退職して学校に通おうと、お考えの方には教育中の生活を支援するため「教育訓練支援給付金」が教育訓練の期間中に限って支給されます。「教育訓練支援給付金」については次回、「社会人の学び直しを応援する制度 その2」で詳しくご説明致します。

出典:政府広報オンライン
    厚生労働省HP

川崎事務所 鈴木律雄

 


関連記事

■『健康診断を実施しましょう』

■福利厚生のスタイル「カフェテリアプラン」

■アンケート結果から見る、従業員が定着しない理由

■住宅手当・住宅貸与にかかる労働保険料・社会保険料

■健康長寿であるためにすべきこと