平成25年度の最低賃金

今回は「最低賃金制度」と「平成25年度の最低賃金」についてお知らせ致します。

ご存知の方も多いと思いますが、「最低賃金制度」とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者はその最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。

最低賃金には「特定(産業別)最低賃金」と「地域別最低賃金」の2種類があります。

特定(産業別)最低賃金
特定地域内の特定の産業について、関係労使が基幹的労働者を対象として、地域別最低賃金より金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認めるものについて設定されています。

地域別最低賃金
産業や職種にかかわりなく、都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に対して適用される最低賃金として、各都道府県に1つずつ、全部で47件の最低賃金が定められています。

毎年10月頃には地域別最低賃金の改定があり、以下のように今年度の金額が確定している都道府県もあります。

他の都道府県については厚生労働省のHPで随時情報が改定されておりますので、こちらもご参照下さい。

地域別最低賃金を下回ると罰則もあります。
時給の改定をしないまま、うっかり最低賃金を下回っていた!という事にならないように、この機会に一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

出典:厚生労働省HP

渋谷事務所 田中秀和

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

残業代削減策としての変形労働時間制活用

慢性的な人手不足や、突発的な業務量の大幅な増加など、原因は様々ですが、一人あたりの労働時間をなかなか減らすことが出来ない

記事を読む

アンケート結果から見る、従業員が定着しない理由

従業員がすぐに辞めてしまう原因として、採用活動に問題があった(採用の時点で人材を見極められなかった)という考える傾向があ

記事を読む

定額残業代とは

労働基準法37条において、法定時間外労働(原則1日8時間、1週40時間を超える労働)を行わせた場合、その時間の賃金につい

記事を読む