就業規則を作ろう!

今、会社に就業規則はありますか?
就業規則とは会社の実態に合わせたルールブックであり、会社の経営方針や理念を従業員に伝えるための重要な書類です。

会社が成長発展を目指すためには、コンプライアンスはもちろん、一部のモラルが欠けた従業員からのトラブルを未然に防ぎ、会社を守る必要があります。また、就業規則を作成・運用することで、会社の経営上のリスクを回避することだけではなく、さまざまな助成金の申請が可能となったりします。
 
さらに、正しく運用される就業規則に基づき規律を守ることで、従業員一人一人の勝手な判断・行動を防ぐことができ、社内に結束力が生まれます。結果として会社の業績向上に繋がっていきます。

就業規則作成によるメリット
会社の方針をはっきりとさせ、効率化を図る
労使のトラブルを未然防止、及びトラブル発生時の対応
従業員の問題行動を予防
職場秩序を保つことができる
労働条件の可視化による従業員の安心感
助成金申請に繋がる

就業規則を作成することは、「会社を守り、成長発展させる」ために大きな役割を果たし、業績向上への重要なプロセスとなります。しかし、ただ作成するだけではなく、正しく運用するためにはその後の定期的な見直しも必要になります。現在運用されている就業規則について、誤記や内容の変更漏れ、矛盾する内容が含まれていないかなど、念のためご確認いただければと思います。

就業規則の作成・見直しについて、ご相談等ございましたらコンパッソ社会保険労務士法人までお問い合わせください。

人事労務のご相談・労働社会保険の手続きならコンパッソ社会保険労務士法人まで
電話:044-733-8748(電話相談無料)

コンパッソ社会保険労務士法人 社会保険労務士 藤本豪

 


関連記事

■精神疾患による労災あれこれ

■労働者名簿、備えていますか?

■『健康診断を実施しましょう』

■福利厚生のスタイル「カフェテリアプラン」

■女性と税理士業務