ストレスチェックを実施すると助成金がもらえる?

平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設され、平成27年12月から施行されることを以前のブログでご紹介しました。今回はストレスチェック制度の実施促進のための助成金をご紹介いたします。

まずはストレスチェック制度のおさらいから・・・
ストレスチェック制度とは、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものも低減させるものであり、さらにその中で、メンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、 医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止するのが目的の制度です。

詳しい制度の概要、流れについては厚生労働省のホームページをご覧ください。
  (改正労働安全衛生法に基づく、ストレスチェック制度とは?

では、ストレスチェックを実施して助成金を申請する手続はどうすればよいのでしょうか。
まず、対象となるのは従業員数50人未満の事業場で、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、医師によるストレスチェック後の面接指導などを実施した場合に以下の助成を受けることができます。そして、助成金を受けるためには、地域を同じくする、他の従業員数50人未満の事業場と合同で、ストレスチェック後の面接指導を実施する医師を、産業医として選任する必要があります。

助成対象・助成額
ストレスチェック後の面接指導を実施する産業医を選任し、
   1.ストレスチェック(年1回)を行った場合、1労働者につき500円を上限として、その実費額を支給
   2.ストレスチェック後の面接指導などの産業医活動を受けた場合、1事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円を上限として、その実費額を支給
     (支給対象とする産業医の活動は1事業場につき年3回を限度とする)

詳しい情報は、受給要件や助成対象に関する詳細は、下記のリンク先(独立行政法人労働者健康福祉機構ホームページ)をご覧ください。
ストレスチェック実施促進のための助成金
ストレスチェック実施促進のための助成金の概要
申請様式とチェックリストのダウンロード
ストレスチェック実施促進のための助成金の手引(平成27年度版)

出典:厚生労働省HP
    独立行政法人労働者健康福祉機構HP
    

川崎事務所 木村秀彰

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。