無担保・無保証人のマル経融資の活用

無担保・無保証人のマル経融資の活用~小規模事業者の方々のための資金調達方法~

皆様は「マル経融資」という融資制度をご存知でしょうか。正式には小規模事業者経営改善資金融資制度といい、小規模事業者の方々の経営をバックアップするために無担保・無保証人で商工会議所の推薦にもとづき融資される国(日本政策金融公庫)の公的融資制度です。今回はこの「マル経融資」についてご紹介させていただきます。

1. 融資の対象
(1)従業員20人以下の法人・個人事業主の方
但し、商業・サービス業は5人以下(宿泊業・娯楽業は20人以下)
(2)商工会議所の経営・金融に関する指導を受けて事業改善に取り組んでいる方
(3)1年以上、同一商工会議所の地区内で事業を行っている方。
*上記より創業1年を経過していない方は本件の対象となりません。
創業1年未満の方は日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を参照してください。
(4)商工業者であり、日本政策金融公庫の融資対象事業を営んでいる方
(5)税金(所得税・法人税・事業税・住民税)を完納している方

2.融資の条件
融資限度額:2,000万円
返済期間 :運転資金 7年以内
設備資金 10年以内
担保   :不要
保証人  :不要(保証協会の保証も不要)
融資利率 :1.21%(2019年8月1月現在)
*融資限度額、返済期間の取扱いは、2020年3月31日の日本政策金融公庫受付分まで。

3.融資実行までの流れ

5.まとめ
資金は事業をおこなう方にとっては血液のようなものです。資金を循環させることによって、事業が成長し発展していきます。資金調達が難しい小規模事業者の方々にとって、今回ご紹介させていただいた「マル経融資」は無担保・無保証人という有利な条件の公的な融資制度です。審査の結果、必ずしも融資が実行されるとは限りませんが、事業の成長・発展のために、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

出典:東京商工会議所HP
日本政策金融公庫HP
コンパッソ税理士法人 渋谷事務所 福田訓久


関連記事

■平成30年度はハラスメント相談が最多に

■所得税法の基本原則について

■自社ポイントを付与した場合の取扱い

■介護保険について

■3歳未満の子がいる方の厚生年金の特例について