展示会に行ってみませんか?

突然ですが皆様! 情報収集はどのようにしていますか?

情報収集の方法としては、
   ・同業者・業者の方との会話の中で
   ・専門新聞(日経新聞や日経産業新聞など)を読む
   ・ビジネス雑誌(プレジデントや週刊ダイヤモンドなど)を読む
など様々だと思います。その中で今回は私から情報収集についてご提案がございます。
それは情報収集の選択肢として、【展示会に行ってみる】のはいかかがでしょうか。

展示会とは大きなテーマ(機械・食品・医療など)がまずあって、それに関連する企業が集まります。大規模なものになると、1000社程度集結する展示会もあるそうです。
実際に展示会に行ってみると各社ブースがあり、そこで担当者から最新の情報を直接聴いたり、デモンストレーションを見ることが出来ます。出展社の側も展示会をきっかけに新規のお客様に対して自社の技術・実績・将来性等をアピールしようとしています。
そのため、最新の情報を公開したり、過去の実績等をPRする絶好の機会であり、何か新聞等ではまだ取り上げられていない新しい情報が得られると思われます。他にも展示会ではセミナー・研究発表などを開催されていることも多いです。そのセミナーに参加することで、他社よりも早く情報を収集することができます。

こういった自分の足で掴んだ情報は新聞・雑誌等で公開されていないため、早く入手することができ、情報としての価値は高くなると思います。また、自分と関連する業界ではなくても、敢えて異種業の展示会に行ってみるのも情報収集として良いかと思います。他の業界特有の問題点を知ることで、こちらから逆営業することも展示会では珍しくない光景です。

私は前職に展示会の出展企業として実際にブースで案内したこともありました。その時にお客様(同業種の方です)に言われたことは、「こんな製品があったんだ!」というようなお声を多数頂きました。その後、そのお客様と新規で取引をするようになったことも多数ありました。
同じ業界の人であっても意外と全ての情報収集しきれていない部分もあるかと思います。そういった意味では、思わぬところでビジネスチャンスがあるのではないでしょうか。

最後に今後行われる展示会の中で、情報収集に特に有益となりそうな展示会を紹介したいと思います。
ご紹介したいのは、5/11~5/13に行われる【JAPAN IT weekで、場所は東京ビックサイトです。
この展示会では、今話題のビックデータ・クラウド Iotに関連する企業が集まるそうです。これらは、今後の日本経済を引っ張っていく新しい技術だと思っています。そのため、今すぐにこういったテーマの仕事はないにしても情報として勉強しても損はない分野だと思います。

お忙しいとは思いますが情報収集の一環としてビックサイトまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。以上が私からのご提案です。

渋谷事務所 二瓶翔太

  

この記事について評価にご協力ください
  •  参考になった 
  •  わかりにくかった 
  •  全く参考にならなかった 
  •  探していた記事と違った 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■「農業経営基盤強化準備金制度」が延長されます

■「中小会計要領」とは何でしょうか?

■経営者が学ぶ古典 ~「韓非子」と「論語」~

■中年層の人材活用

■認定経営革新等支援機関としての取り組み