契約書チェックにおける「問題点」に気づくための着眼点

職業上、賃貸借契約書や売買契約書などを目にする機会が多く、また、お客様から契約書の内容などについてアドバイスを求められる事が度々あります。そこで今回は、どのような観点から契約書をチェックすれば良いかご紹介します。

まず、契約書の仕組みを理解する必要があります。契約書は大きく分けて2つの構成要素から出来ています。
1.取引のルールブック
取引の流れに沿って各パーツを説明しています。例えば、取引の流れに沿って「商品」「発注」「個別契約の成立」「納入」「受入検査」「引渡し」「支払」などです。

2.万一の場合の保険
契約違反や倒産した場合のキャンセルなど、予め想定されるリスクに触れています。

次に、契約書を読むための準備です。契約書を読む前に必ずやっておかなければならない作業があります。それは、取引内容を具体的な映像イメージで頭に描くことです。これを頭に入れておけば、契約書が感覚的に「おかしい」「まずい」と判断できます。つまりチェックするための基準作りを行うのです。しかし、これだけではまだ抽象的すぎるので、この「おかしい」「まずい」をどのような方法で判断するのかが重要となります。

「おかしい」「まずい」の見極め方法
    (1)「ルールブック」が実務に合っていない(実務との剥離)
    (2)自社に不利な条項があるかどうか
           具体的に言うと次の2つ 1)取引内容の不利、2)万一の場合の保険
    (3)内容の不足
    (4)法律違反
    (5)契約書の文章が論理的におかしい

続けて、何と比べて「おかしい」「まずい」のか
    (1)イメージした取引の流れと契約書の取引の流れ
    (2)企業でよく使われる契約書のひな形との論点チェック
    (3)類似取引における契約事例
    (4)取引に適用される法律

以上は、様々な契約書のチェック方法のうちの一つですが、これを参考にして契約書をチェックしてみては、いかがでしょうか?

出典:中央経済社「ビジネス法務7」

千葉流山事務所 長谷景太

  

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。