ジョハリの窓

みなさんは「ジョハリの窓」をご存じですか? 有名なものですのでご存じの方も少なくないと思いますが、今回は、「ジョハリの窓」についてご紹介致します。

ジョハリの窓」とは、心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことです。

ジョハリの窓」では、自己を以下の4つの窓に分けております。
Ⅰ.開放の窓(開放された自己)
Ⅱ.盲点の窓(自分は気がついていないものの、他人からは見られている自己)
Ⅲ.秘密の窓(隠された自己)
Ⅳ.未知の窓(誰からもまだ知らされていない自己)

ジョハリの窓」は、自己だけでなく、会社組織にも適応すると思います。
各々の会社組織によって、この4つの窓の大きさの割合は様々だと思いますが、私としては開放の窓(公開された自己)が広いほうが会社にとってより良い影響を与えられるのではないかと思います。
逆に、Ⅰ以外の窓は、(自分が隠している事、自分は知らないが他人にはわかる事、誰にもわからない事)であり、どちらにしても有益な事ではありません。

知らない事が多いと、コミュニケーション不足となり会社が閉鎖的空間なってしまいます。会社で孤立する可能性もあり、円滑に業務を遂行することができません。
また、他人がわからない隠された事は、誤解を招いてしまう恐れがありクレームになりかねません。

基本的には、いかに「開放の窓」を広げられるかだと思います。
  A:毎日、寝る前に今日の自分を振り返り、良かった事は誉めて自己を受け入れ満足して眠りにつけるようにする。
  B:目覚めを快適にし、新しい一日にチャレンジする。
等、誰から見ても明るい日々になるよう努力することも一つの方法かと思います。
この連続が、未知の窓(自分の知らない自己)を引き出すこととにもなり、「成長」に繋がるのではないでしょうか。

千葉旭事務所 大木聖薫

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■時短術!経理処理の進め方について

■中年層の人材活用

■飲食店 売上・利益率UPのための分析術

■「売れる色とは?」

■中小企業2030年に消滅?