税金クレジットカード納付のメリット・デメリット

私たちの生活において切っても切れない税金ですが、税目も多岐にわたり、支払時期や金額も様々です。銀行が開いている時間に支払いに行くのが難しい方も多くいらっしゃると思います。そこで是非利用していただきたいのが、クレジットカードによる納付です。

今回は、クレジットカードによる納付のメリット・デメリットをご紹介致します。

<クレジットカード納付のメリット>
・納税をクレジットカード引き落とし日まで繰り延べることができます。
・手元に現金預金がない場合でも、資金準備期間がとれます。
・支払い額に応じて、クレジットカード会社に準じたポイントやマイルが付与されます。
・会社や家のパソコンから納付するため、外出する必要がありません。
・24時間納付可能です。

<クレジットカード納付のデメリット>
・納税額に応じて所定の手数料が発生します。
・クレジットカード引き落とし日に通帳残高が足りなく、引き落としが行えなかった場合、その次の日から、延滞税が発生します。
・クレジットカードの利用上限額を超える場合、クレジットカードが利用できなくなるおそれがあります。なお、クレジット会社の基準によりますが、当該クレジットカード会社に電話で理由を説明すれば、再開可能です。
・クレジットカードによる納付は、国税のみで、そのほかの税金は利用出来ません。
・源泉所得税の納付の際(「国税クレジットカードお支払サイト」利用の場合)は、金額の内訳が不明なため、税務署より問合せがあることがあります。納付の内訳が分かる書類を保管しておく必要があります。

確定申告の際は個人の所得税や消費税の納付も、もちろんクレジット納付が可能です。振替納税のお手続きをされている方は、管轄の税務署へお問い合わせの上、クレジット納付をご利用出来ます。二重払いになってしまわないようお気をつけください。

参考:国税庁HP
<クレジットカード納付の手続き(国税庁)>
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/nofu-shomei/nofu/credit_nofu/index.htm
<クレジットカード納付のQ&A(国税庁)>
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/nofu-shomei/nofu/credit_nofu/credit.htm

川崎事務所 山口舞花


関連記事

■自転車賠償責任保険等に加入していますか?

■社会福祉法人の予算はここをチェック!

■免税店の免税販売手続きの電子化について

■追加情報<新型コロナウイルス>業績悪化支援のまとめ

■社会福祉法人の「指導監査」に向けて