日本語の本来の意味を考えてみましょう その2

前回に続いて、日本語の本来の意味や言い方についてです。今回は、どちらの言い方を使いますか?です。

それではさっそく、二つの言い方のどちらを使いますか?

1.「本心でない上辺だけの巧みな言葉」を
  ア.舌先三寸
  イ.口先三寸

2.「何かを食べたくなる、転じて、あることをしてみようという気になる」ことを
  ア.食指が動く
  イ.食指をそそられる

3.「ひっきりなしに続くさま」を
  ア.のべつまくなし
  イ.のべつくまなし

4.「世間の人々の議論を引き起こすこと」を
  ア.物議を醸す
  イ.物議を呼ぶ

5.「快く承諾すること」を
  ア.二つ返事
  イ.一つ返事

いかがだったでしょうか?
辞書等で本来の言い方とされるものは、今回はすべて「」です。ちなみに、本来の言い方ではない方が多く選択されたのは、1の「舌先三寸」と5の「二つ返事」でした。本来の言い方でない「食指をそそられる」「のべつくまなし」を使うと回答した方が、それぞれ30%以上でした。
他にも、「あいそを振りまく」か「あいきょうを振りまく」、「怒り心頭に達する」か「怒り心頭に発する」、「肝に据えかねる」か「腹に据えかねる」、「口を濁す」か「言葉を濁す」というようなものもありますが、いかがですか。4つとも後者が本来の言い方とのことです。

この調査ですが、ふだんの言い方や敬語のこと、更に句読点の使い方と興味深い内容が多かったです。日本語も変化してきていると思いますが、これを機会に日本語をちょっと振り返ってみませんか。

出典:文化庁 平成23年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

川崎事務所 中川斉

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■防災の備蓄のお話し

■いつものパンがあなたを殺す

■コンピュータウィルス「ランサムウェア」の流行

■2017年11月霜月

■コピペについて