実行の重要性

個人確定申告が始まりました。会計事務所が繁忙期に突入する今だからこそ、仕事について考えてみようと思います。以前こんな内容の記事を見かけました。

  実行の重要性 「知るとやるとは天地の差 十を知るより一の実行」「百の説教より一の実行

人は理屈ではなく実際の行動で判断されるそうです。今後はIT関連技術の発達で、知ることは容易になることから、実行力が一層重要視されるそうです。その実行力を磨くための方法が2つあります。

   1.寝る前に翌日やることを紙に書き、それに優先順位をつける。

   2.起きたら優先順位に従って順番に実行。少なくとも上位2割は必ず実行する(これを80=20の法則またはパレートの法則と言う)。

できる人はこの法則を活用し、大事な約束事は必ず守り、仕事に手を抜かないと述べられていました。

日々の業務に追われ、ついつい仕事を先延ばしにしてしまい、先延ばしにした結果、出来ない言い訳を考えてしまいがちですが、実行力を磨く事によって仕事の優先順位をつけることにより、本当に必要な仕事とは何かを考えるきっかけにもなるのではないかと思います。皆さんも自分の仕事について、一度考えてみてはいかがでしょうか?

出典:田中真澄のパワー日めくり 人生は今日が始まり

渋谷事務所 羽田宗幸

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■2017年6月水無月

■2017年11月霜月

■東芝の昔

■いつものパンがあなたを殺す

■防災の備蓄のお話し